このページの本文へ

iPhoneのスゴワザ!第10回

iPhoneでスクリーンショットを撮影しメモ代わりに使う

2018年12月26日 14時00分更新

文● 金子 麟太郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スクショをサクっと撮影する方法

 iPhoneのスクリーンショット機能を使うと、iPhoneの画面に表示される内容を画像データとして保存することができます。保存した画像データは、「写真」アプリ内で確認できます。

ホームボタンのあるiPhoneの場合

 ホームボタンのあるiPhone 8以前の機種でスクリーンショットを撮るには、「サイドボタン」または本体上部にある「ボタン」と「ホームボタン」を同時に押します。

ホームボタンのないiPhoneの場合

 ホームボタンがないiPhone X以降の機種でスクリーンショットを撮るには、本体側面にある「サイドボタン」と「音量を上げるボタン」を同時に押します。

 iOS 10.2以上の機種では、iPhoneの本体の左上の側面にある「サイレントスイッチ」を切り替えるだけで、「カシャッ」と鳴ってしまうシャッター音を無音にできます。

 サイレントスイッチの奥がオレンジ色に見えていれば、サイレントモードが「オン」の状態です。本体色と同じ場合はサイレントモードがオフなので、周囲に注意しましょう。

 これで外出先でも気兼ねなくスクリーンショット撮影できます。メモ代わりにも使えて、ほかの人に操作方法などを教えるときにも役立つスクリーンショット。どんどん活用してください。ただし、純正のカメラアプリを起動中に、スクリーンショット音を消すことはできません。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中