このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ノッチなしスマホに新たなアイデア「Nubia X」、世界初の両面ディスプレーの衝撃

2018年11月14日 10時00分更新

文● 山根康宏 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
表面(左)も裏面(右)もディスプレーのNubia X

ひっくり返してもディスプレー!
両面カラーディスプレーの「Nubia X」

 中国のスマートフォンメーカー、Nubiaは表が液晶、裏が有機ELディスプレーを採用した両画面スマートフォン「Nubia X」を発表しました。これまでにも裏面に電子ペーパーを採用した両画面スマートフォンはありましたが、Nubia Xは一般的なスマートフォンの形状をしながら表も裏もカラー画面という世界初の製品になります。

Nubia Xの発表会は北京で行なわれた

 Nubia Xの主なスペックはSoCがSnapdragon 845、メモリーは6GBまたは8GB、内蔵ストレージは64/128/256GBで複数のバリエーションとなります。カメラはフロントにはなく、背面側に2400万画素と1600万画素のデュアル。ディスプレーは表面が6.26型(2280×1080ドット)液晶、裏面が5.1型(1520×720ドット)有機ELで、どちらもアスペクト比は19:9です。

ノッチのないディスプレー

 表面、裏面共に外観上の特徴があります。まずは表側。フロントカメラが廃止されたため、ディスプレー上部にはカメラが無く切り欠きもありません。ディスプレー全部を表示エリアとし、画面占有率は93.6%に達しています。これは後述しますがゲームプレイ時にも優位性があり、Nubia Xはゲーム端末としても使いやすい製品になっています。

ベゼル幅も狭く画面占有率が高い

 裏面は光沢仕上げ。表示が消えていると、ここに有機ELディスプレーが埋め込まれているとは思えない仕上げとなっています。

Nubia Xの背面。ディスプレーには見えない一体仕上げ

 この背面は有機ELの特性を生かし、Always On Displayにより時計やテキストなどを常時点灯させておくことができます。デジタル時計を表示して横向きに置けば時計としても使えますし、買い物内容や用事をテキストで書いておけば忘備録にもなります。またデザインした文字を使えば、まるでスマートフォンのケースのような外観にすることもできるのです。

Always On Displayで時計などを表示できる
文字表示もできるため、あたかもカバーを付けているような外観にもできる

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン