このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

スピーディー末岡のスマホ遍歴 第8回

「ゆるめるモ!」は酔拳のように緩急をつけてスマホを使う!

2018年11月03日 15時00分更新

文● スピーディー末岡 出演●ゆるめるモ!(ylmlm_staff) 取材協力●morph-tokyo

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

新曲「ネバギバ酔拳」は
いかにして誕生したのか?

──スマホの話はここまでにして、新曲「ネバギバ酔拳」について聞きたいと思います。この曲のテーマは何でしょうか?

けちょん ゆるめるモ! の根っこの部分といいますか、辛いときは逃げてもいいということをブレずにやってきているんですが、誹謗中傷みたいな言葉の暴力を浴びても、のらりくらりとかわしてしこう、笑い飛ばしていこうというのがテーマですね。歌詞に注目してほしいです。

──MVは本格的な酔拳の殺陣を披露してましたね。アクション女優の武田梨奈さんも登場してジャッキー映画さながらでした。

ようなぴ 今回MVを撮影するにあたって、メンバーみんなで酔拳の1と2を観たんです。それぞれどんな動きをしているのかをちゃんとチェックしました。

──MVの中で酔八仙のうち、けちょんさんは何仙姑、あのさんは呂洞賓、ようなぴさんは鉄拐李、しふぉんさんは韓湘子を演じてましたね! MVで印象に残ったことはありますか?

しふぉん 普段しないような動きをしたので、筋肉痛が(笑)。でもスタントマンの方たちのやられかたが上手だったので、自分が強くなった気がしました。
けちょん スタントマンさんがスピンしながら吹っ飛ぶシーンがあるんですけど、その吹っ飛び方に納得がいかなかったようで、すごい勢いで何回もスピンしてたのが印象に残ってます。
ようなぴ人を蹴ることなんてないので、スタントマンさんが「当ててもいいよ!」って言ってくださるんですけど、加減が難しかったです。弱いと迫力出ないし。
あの 緩い動きと決める動きがあるんですけど、これが意外と難しくて。酔っ払いながら戦うことなんて普段ないじゃないですか。ほかの曲ではやらない動きだったので、滑らかに動けるようになるまでが大変でした
ようなぴ アクションやってる方たちのすごさを、身をもって知りました。お腹蹴っちゃって大丈夫かな、とか。武田梨奈さんなんてあんなに可愛らしいから、髪の毛を掴んで起こすシーンで怪我させちゃったらどうしようって。
しふぉん フィジカルが鍛えられました。
ようなぴ メンタルも鍛えられましたね(笑)

──ありがとうございました! 酔拳ツアー、頑張ってください!

ゆるめるモ! プロフィール

 「(窮屈な世の中を)ゆるめる」、「You‘ll Melt More!(あなたをもっとトロけさせたい)」という意味をこめて命名された 4人組ガールズニューウェーブグループ。街頭スカウトで集めたメンバーで2012年10月4日結成(けちょんは唯一のオリジナルメンバー)。2013年9月にしふぉん・ようなぴ・あのが加入して現メンバー4人全員がグループ内に揃う。ニューウェーブを軸にエレクトロ、クラウトロック、シューゲイザー、ハードコア、ヒップホップ、アンビエント、テクノ等々、多彩なジャンルを内包した楽曲を展開。2015年には主演映画「女の子よ死体と踊れ」が全国公開され、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭に正式出品された。海外での人気も高く、ベトナム・台湾・上海・香港・バンコク・韓国といった海外での公演も計10回に渡って実施。10月10日にはジャッキー・チェンと酔拳をリスペクトした楽曲「ネバギバ酔拳」を含むニューシングル『NEVER GIVE UP DRUNK MONKEYS EP』をリリースし、1月5日のZepp Tokyo、1月26日のZepp Nambaを含む全国ツアーを開催中。


「ゆるめるモ!の酔拳ツアー〜カースト スペック どん底でもやる そんな僕らの戦い方〜」

11/10(土)和歌山CLUB GATE
11/11(日)徳島club GRINDHOUSE
11/23(金)広島club CHINATOWN
11/24(土)福岡・小倉LIVE SPOT WOW!
11/25(日)鹿児島SR Hall
12/1(土)岐阜club G
12/2(日)滋賀U★STONE

チケット詳細→こちら


「酔拳ツアーWファイナル」

東京・龍の乱 1/5(土)Zepp Tokyo
大阪・虎の乱 1/26(土)Zepp Namba

チケット詳細→こちら



■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン