このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファーウェイ通信第85回

なんといってもコストパフォーマンスが魅力の大型タブレット!

充実スペック+LTE対応で2万円台! 10.1型タブ「HUAWEI MediaPad T5」レビュー

2018年09月26日 11時00分更新

文● 加藤肇、ASCII編集部 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

自宅や旅行先など、子供が使うのにも便利な性能と機能
家族で使えるタブレットなので、一家に1台あると便利!

 さて、HUAWEI MediaPad T5の利用用途だが、カジュアルに使えるタブレットということで、子供用にも適しているのではと考えた。

自宅や旅先など、子供が何かに夢中になってくれていれば助かるのにというシーンは少なくないはず

 理由としては、やはり第一に大画面であることだ。子供にタブレットを使わせる目的としては、映像を見せることが考えられるが、これは大画面だと当然有利だ。薄型・軽量で持ち運びしやすいHUAWEI MediaPad T5なら、外出先や移動時の利用がお手軽なのもメリットだ。

 また、子供が喜ぶコンテンツとしてはゲームも考えられる。HUAWEI MediaPad T5は、負荷の高い3DCGゲームは少し厳しいものの、通常の負荷のゲームであれば、タッチの感度に違和感などはもちろんなく、快適に動作した印象。大画面の端末だと操作がしやすくなることもその印象に影響を与えている。

比較的お手頃な価格に加え、利用できるアプリを制限できるモードもあるので、子供にも安心して渡せる

 子供に使わせる際に便利な機能として「キッズモード」が用意されている。このモードでは子供が使用できるアプリを制限できるほか、利用可能な時間帯を設定することが可能。特に、小さな子供がいる家庭では必須の機能だと言える。

 旅先などで撮影した写真や動画といった、家族みんなでコンテンツを閲覧するのにも向いている。スマホから写真や動画を共有する際には、ファーウェイ端末間でファイルを手軽に転送できる「Huawei Share」が役立つ。

 もちろん、大人が仕事やエンタメ目的で利用するのに不満のない性能を持っている。家族の誰もが気軽に使える端末であり、それでいてヘタなスマホよりも安価な価格設定となると、一家に一台備えておきたい。そんなタブレットと言える。

 HUAWEI MediaPad T5は、ファーウェイ・オンラインストアのほか、MVNOや家電量販店、ECサイトなどで発売中。市場想定価格は、WiFi版が税抜2万2800円、LTE版が税抜2万6800円となっている。

ファーウェイ「HUAWEI MediaPad T5」の主なスペック
ディスプレー 10.1型IPS液晶
画面解像度 1920×1200ドット
サイズ 約243×164×7.8mm
重量 約465g
CPU HUAWEI Kirin 659
2.36GHz+1.7GHz(オクタコア)
メモリー 2GB
ストレージ 16GB
外部ストレージ microSDXC(最大256GB)
OS Android 8.0(EMUI 8.0)
対応バンド
(LTE版のみ)
LTE:1/3/5/7/8/19/20/40/41
W-CDMA:1/2/5/6/8/19
4バンドGSM
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:500万画素/イン:200万画素
バッテリー容量 5100mAh
SIM(LTE版のみ) nanoSIM
USB端子 microUSB
カラバリ ブラック
市場予想価格(税抜) 2万2800円(Wi-Fi版)、2万6800円(LTE版)


提供:ファーウェイ

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事