このページの本文へ

LINEを便利にする裏技とTIPS集めました 第45回

スマホ版アカウントにログインできる!

緊急時の味方、パソコン版LINEの使い方を解説

2018年09月18日 09時00分更新

文● 高橋暁子 編集●アスキー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「LINEをもっと楽に使う方法はないのかな?」「今さら友だちには聞けないけれど、使い方がわからない機能がある」――そんなアナタに週2回、LINEの裏技とTIPSをやさしく伝授。講師は、SNSの最新情報と若者動向を追い続けるITジャーナリスト 高橋暁子さんです。〈連載目次〉〈LINEの基本的な使い方を知りたい人はこちら

Q:パソコン版LINEはどこが便利なの?
A:スマホ版LINEのアカウントにPCでログインできる!

 パソコン版LINEは、スマホ版LINEのアカウントでログインできるのが便利な点だ。スマホが急な水没や故障などで使えなくなってもパソコン版から確認できる上、普段パソコンで仕事をしている人には便利に使えるだろう。今回はパソコン版LINEの使い方についてご紹介したい。

 前提として、LINEアプリでメールアドレスとパスワードを登録しておくこと。同時に、スマホ側で「設定」→「アカウント」→「ログイン許可」とタップして、他の端末でのログインをオンにしておく必要がある。

「設定」→「アカウント」をタップ

「ログイン許可」をオンにしよう

 まず、ダウンロードページにアクセスして、利用しているOSに合わせたソフトをダウンロードしよう。「Windows store版」「Windows版」「Mac OS版」「Chrome版」が用意されている。ここではMac OS版を例に手順を解説しよう。

 「Mac App Storeからダウンロード」をクリック。プレビューページが開くので「こちらで表示:Mac App Store」をクリックし、ポップアップの確認画面で「App Storeを開く」をクリックしよう。App Storeが開くので「入手」→「Appをインストール」とクリック。ダウンロード後「開く」をクリックしよう。

ダウンロードページにアクセスし、「Mac App Storeからダウンロード」をクリック

「App Storeを開く」をクリック

「入手」をクリック

「Appをインストール」をクリック

「開く」をクリック

 ログイン画面が表示されるので、スマホ版で登録しておいたメールアドレスとパスワードを入力し、「ログイン」をクリック。初回ログイン時は本人確認の必要があるため、「PCログイン認証」画面と4桁のパスコードが表示されるので、スマホ版でこのパスコードを入力しよう。なお、3分以内に入力しないと期限切れとなるので注意。

 「新規登録」から、スマホなしでもパソコン版LINEで新規にアカウントを持つこともできる。この場合は、電話番号での認証が必要となる。

 スマホ版でメールアドレスを登録していない場合は、上部で「QRコードログイン」をクリックし、スマホ版LINEの友だち追加画面から「QRコード」をタップしてQRコードリーダーを立ち上げよう。表示されたQRコードを読み取ると、スマホで「ログインしますか?」という画面になるので、「ログイン」をタップでパソコン版にログインできる。

メールアドレスとパスワードを入力し、「ログイン」をクリック

初回ログイン時にはパスコードが表示されるのでスマホ版で入力しよう

「QRコードログイン」をクリック

スマホで「ログインしますか?」という画面になるので、「ログイン」をタップ

 スマホ版LINEとパソコン版LINEは同時に1台ずつまでログイン可能。双方の内容は同期されるが、トークリストは未読中心で同期される仕組みなので注意。

パソコン版LINEの画面

「その他」の機能

 左カラムのメニューは、上から「友だち」「トーク」「友だち追加」「タイムライン」「画面キャプチャ」「Keep」「その他」となっている。「その他」をクリックすると、設定やトーク開始などが可能となる。

 通話をしたい場合は、相手とのトーク画面を開き「通話」マークをクリック。この時「ビデオ通話」マークをクリックでビデオ通話画面となる。確認画面が表示されるので「確認」をクリックするとコールが始まる。

「通話」マーク→「確認」とクリック

コールが始まる

 トーク画面はこのようになっている。上部左から、「通知」オンオフ、「トークを検索」「別のウィンドウで開く」「ノートを見る」「その他」となっている。「その他」からは、設定やコンテンツをまとめて表示することなどができる。

 トーク入力部分は、左から「スタンプ」「ファイル送信」「Keep」「画面キャプチャ」となっている。通常通り入力部分にテキストを入力すればメッセージが送れる。

トーク画面

■関連サイト

著者紹介:高橋暁子

 ITジャーナリスト。書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、監修、講演などを 手がける。SNSや情報リテラシー教育に詳しい。『ソーシャルメディア中毒』(幻冬舎)、『Twitter広告運用ガイド』(翔泳社)、『できるゼロからはじめるLINE超入門』(インプレス)など著作多数。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などメディア出演も多い。公式サイトはhttp://akiakatsuki.com/、Twitterアカウントは@akiakatsuki

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン