このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

IFA 2018レポート 第14回

スマスピが急増、パナソニック、オーテク、ソニーなど国内主力の製品も

IFA会場レポ、ついにゼンハイザーから完全独立型イヤホン

2018年09月02日 23時00分更新

文● 折原一也 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スカルキャンディの「Venue」(左側)

 米国のヘッドホンブランドSkullCandyは、ノイズキャンセル対応のワイヤレスヘッドホン「Venue」を出展。ノイズキャンセル用に4つのマイクを搭載している。直径40mmのドライバーを搭載。本体内に「Tile」を内蔵しており、紛失時にはヘッドホントラッキング機能を利用できる。グローバルの価格は179ドル(1万9826円)。 

 地元ドイツのゼンハイザーも同社初の完全ワイヤレスイヤホン「MOMENTUM True Wireless」を出展した。7mmミリのダイナミック型ドライバーを搭載する。音楽を聴きながら外音を取り込めるトランスペアレンシー機能にも対応する。欧州での価格は299ユーロ(3万8584円)。

「MOMENTUM True Wireless」

 同じく地元ドイツのbeyerdynamicは、Bluetooth対応のワイヤレスイヤホン「BLUE BYRD」、ノイズキャンセル対応版にあたる「BLUE BYRD ANC」、有線イヤホン「BEAT BYRD」、ワイヤレス・ノイズキャンセル対応ヘッドホンの「LAGOON ANC」を出展した。

beyerdynamicの「BLUE BYRD」シリーズも登場

ワイヤレス・ノイズキャンセルヘッドホンの「LAGOON ANC」

 Jaybirdは同社の最新イヤホン「Jaybird X4 Wireless Sport Headhphones」を発表した。Jaybirdの今までもスポーツ向けの機能性に加えて、新たにIPX7(水中型)相当の防水対応としたことで防水性能を実化。価格は129.99ドル(1万4434円)。

「Jaybird X4 Wireless Sport Headhphones」

 英国のイヤホン・ヘッドホンブランドのRHAからは、同社初となる10mmの平面駆動型ドライバーを搭載したイヤホン「CL2 PLANAR」が出展されていた。ハウジングにはジルコニアを採用。製品パッケージがユニークで有線接続が3.5mmと、2.5㎜バランスケーブルで2種類。加えてBluetoothケーブルまでも含まれたパッケージ。Bluetooth接続時はapt-Xでの接続にも対応する。欧州での価格は799.25ユーロ(10万3139円)。

RHAの「CL2 PLANAR」

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画