このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

組みたい自作PC構成まるわかり!!第28回

【今月の自作PCレシピ】みんなでゲームを満喫! C4 LANで目立つPC構成はコレ

2018年07月29日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

バッグに入れられるMini-ITXケース

 “ひほすけ”さんが、数あるMini-ITX用PCケースのなかから、InWin「A1 White-RGB」を選んだ理由は、そのスタイリッシュなデザインに加え、大型バックに入れられる216(W)×355.5(D)×273(H)mmのサイズで、300mmまでカード長と全高160mmまでのCPUクーラーに対応といった点だ。そのうえ、Qi規格対応をうたっているマウスなどを充電できるQi充電機能を天板に備えるところもポイントという。

InWin製Mini-ITXケース「A1」シリーズ。スタイリッシュなアクリルフットスタンドや、天板のQi規格充電機能など、個性ある仕様になっている。カラバリにブラックも用意
シンプルなデザインのフロント部リアには120mmファンやラジエーターが固定可能になっている。拡張スロットは2スロットを装備する
サイドパネルには、スモークタイプの強化ガラスを採用する。右側面には120mmファン搭載スペースや2.5インチベイ×2が備わっている
フロントトップ側に600Wの電源ユニットを標準で装備する。なお、アクリルフットスタンド部には、120mmファンを2基搭載可能だ
CPUクーラーには120mmラジエーターを採用するオールインワン水冷キットのCORSAIR「H60」を搭載。6コア/12スレッド動作による長時間ゲーミングも安心だ
追加ファンには鮮やかに光るCORSAIR「LL120 RGB」をチョイス。アクリルフットスタンド部に2基、サイド側に1基取り付けてPCを彩ろう

M.2ヒートシンクを備える
ASUSマザーをチョイス

 Mini-ITXマザーボードには、M.2ヒートシンクやLEDイルミネーション機能を備えているASUS「ROG STRIX H370-I GAMING」をチョイスし、M.2 SSDにはインテル「SSD 760p」シリーズの256GBモデルを採用している。

 さらにストレージには大容量化が進むゲームデータや写真、動画をたっぷり保存でき、8GBのNANDフラッシュメモリーによる高速アクセスも期待できるSeagate製SSHD「FireCuda」の容量2TBモデルを搭載だ。

 ASUS「ROG STRIX H370-I GAMING」はゲーミングオーディオチップ「SupremeFX S1220A」や、インテル製とRealtek製チップのデュアルギガビットLAN、2×2の11ac対応無線LAN、Bluetooth 5.0と、Mini-ITXながら多機能になっている点もポイント。

 基板裏面になるが、PCIe3.0×4接続対応のM.2スロットを備えているので、データストレージも爆速なNVMe M.2 SSDにすることも可能だ。

 なお、初期構成はCPUに在庫豊富で特価も出やすいという「Core i7-8700K」になっているが、マザーボードのチップセットはオーバークロック非対応の「H370」になる。そのため通常価格では、7000円近く安くなる「Core i7-8700」にするのもありだろう。

H370チップセットを採用するゲーミング向けMini-ITXマザーボードのASUS「ROG STRIX H370-I GAMING」。1万9000円前後とコスパ優秀だUSB 3.1 Type-Cポートやマルチチャンネル出力可能なオーディオ端子など、豊富なリアインターフェースを装備している
ストレージはNVMe M.2 SSDの「SSD 760p」と、2.5インチSSHDでPS4の換装用におなじみのSeagate「ST2000LX001」で、速度と容量を両立している

VGAにはコスパ良いGeForce GTX 1070を選択

 ビデオカードには自身も愛用しており、パフォーマンスと価格のバランスが良好で、最新のVRゲームを遊ばないなら十分という「GeForce GTX 1070」を選択している。

 製品は“ひほすけ”さんチョイスのおなじみとも言えるASUS「DUAL-GTX1070-08G」だ。GPUクーラーのカバーがホワイトで、魅せるPCとの相性が良好だ。

ホワイトカバーのGPUクーラーが特徴のGeForce GTX 1070搭載ビデオカードのASUS「DUAL-GTX1070-08G」

【取材協力】

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中