このページの本文へ

リアル書店派もまだまだ多いが、まったく本を買わない人も

オンライン書店の利用実態、MMD調べ

2018年07月03日 18時46分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「オンライン書店の利用に関する調査」Q3:書籍を購入したことがある場所

 MMD研究所は7月3日、「オンライン書店の利用に関する調査」結果を発表した。

 これは15~69歳の男女5000人を対象に、2018年6月22日~6月25日の期間にインターネット調査したもの。調査結果によると、書籍の購入場所では「街中などの書店」(47.7%)と最も多く、次いで「オンライン書店で現物の本の購入」(35.1%)、「デパートなど商業施設の中の書店」(32.5%)と続く。

Q9:オンライン書店を利用しない理由 

 オンライン書店利用者の選択理由は、「書店にいかなくても注文ができる、いつでも検索・注文できる、書店に置いてない書籍が購入できる」といった利便性が上位となっている。オンライン書店で重視するポイントは「送料が無料、品揃え、ポイント」が大きいようだ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン