このページの本文へ

使わない理由は「クレカで十分」、「現金で十分」

QRコード決済を利用する理由のトップは「ポイントがたくさん貯まるから」、MMD研究所調べ

2019年02月05日 17時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
QRコード決済利用状況

 MMD研究所は2月5日、「2019年2月 QRコード決済サービスの利用に関する調査」の結果を発表した。

 スマホを所有する20歳~69歳の男女887人を対象に、2019年1月8日~1月10日の期間の調査結果。調査結果によると、QRコード決済サービスの利用トップは「楽天ペイ」(9.4%)となっている。利用する理由のトップは「ポイントがたくさん貯まるから」(39.4%)だが、利用する理由で最も男女で差が出た項目は「お財布を持ち歩きたくないから」(男性18.9%/女性4.9%)であるなど、利用者にとっての利便性がうかがえる。

QRコード決済を利用する理由 

 とはいえ、利用しない理由として上位に「クレジットカードで十分」や「現金で十分」、「個人情報や決済情報漏洩の心配」が並んでおり、今後のどのように普及を進めるかの課題となるだろう。

QRコード決済を利用しない理由

カテゴリートップへ

ピックアップ