このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

山谷剛史の「アジアIT小話」第155回

電脳街も廃れる中、あえて中国で自作PCを買う

2018年06月28日 12時00分更新

文● 山谷剛史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
EC普及の今でもパーツ屋は昔ながらの味がある
EC普及の今でもパーツ屋は昔ながらの味がある

 かつて中国の電脳街で活況だったPCパーツショップは、今はだいぶ小さく縮小した。

 現在も企業やネットカフェからの大量導入のニーズはあるだろうが、かつて(スマートフォンがなく、ノートPCが高かった頃)は、か弱そうな女子ですらPCパーツを買い、ショップで組み立ててもらい、家では自らドライバーを握りパーツを抜き差ししては不具合を確認したり、アップグレードしたものだ。

電脳街は数年前から閑古鳥。中国で変わらない昔ながらの地域となってしまっている

 中国の電脳街で売られるメーカー製デスクトップPCはレノボやHPやデルくらいしかなくなり、選択肢が減って面白みもなくなったが、各メーカーが出すPCは洗練され、自作PCを組むよりも値段は安く安定している。

 とはいえ、自作PCは面白みがある。日本ではあまりお目にかかれない中国メーカーのパーツで組むという人柱要素があるためだ。

 中国メーカーで有名なところでは、ビデオカードメーカーの「Colorful」(七彩虹)だろうか。

 Colorfulのほか中国のさまざまなメーカーがSSDをリリースしている。また電脳街で見かける中国産パーツといえば「愛国者」「航嘉」「金河田」などのPCケースで、バリエーションは豊かだ。

 SSDは軽いので、他人と異なるPCで自慢したければ、パーツだけ導入し日本で数少ない“中華パーツ入りPC”とするのもいい。

AMDと中科曙光が提携するというニュース AMDと中科曙光が提携するというニュースが流れた

 さらに面白いのは、中国企業の「中科曙光(Sugon)」がAMDのx86 CPUのライセンスを受けて、今年の上半期にも「インテルの第6世代Core i3を超える性能のCPU」を量産するという。

 つまり、AMDのCPU「Ryzen 3」と同等の製品だと思われる。

紫光産DDR3メモリー 紫光産DDR3メモリー

 メモリーに関しては「紫光」が中国産DDR3 SDRAM向けチップをリリースしたと報じられている(紫光はDDR4 SDRAM向けチップも開発中だとしている)。

 ところが、中国の大手ECサイト「淘宝網(Taobao)」にしても「京東(JD)」にしても、これらのパーツは売られていなかった。ニュースを見ると発表こそしているが、少なくともまだ製品は広く一般向けには発売されていないようだ。

すべて中国メーカーパーツで組みたかったが……

 実は今回の記事に合わせて、CPU、メモリー、ストレージほかすべてのパーツを中国メーカー産にしたPCを組もうとしたが、希望のパーツがないのに気づいたのはすでにパーツショップの中。

 筆者は気づかずに地方都市の電脳街にあるパーツショップに入り、店員にオーダーをはじめてしまい、引くに引けない状態になってしまった。

 中国のパーツショップは、どこの都市の電脳街だろうが、だいたい円卓が用意されている。

 円卓ではあるが本格中華料理屋にある円卓よりも小さく、せいぜい4人が囲んで精一杯だ。

 事前にちゃんと調べるべきだった。円卓の反対側で見つめる店員は、筆者が何をオーダーするのかを心待ちに待っている状態だ。

 「どんなPCが欲しいんだ?」というところからスタートしたので、筆者はここで「一体型が欲しい」と言ってみた。

 すると店員は「ちょっと待っててくれ」と言って、別の店から(昔からそうなのだが、自分の店で売っていなければ、近所のパーツ屋からパーツを持ってくることはよくある)モニターメーカーで知られる「AOC」の、背面がボンネットのように飛び出た液晶ディスプレーを出してきた。

表から見ると普通のディスプレー なかなか独特な形状のAOCのモニター一体型PCケース
表から見ると普通のディスプレーなかなか独特な形状のAOCのモニター一体型PCケース

 製品名は「238P5531」。その型番の通り、23.8インチディスプレーでもある。日本向けラインアップにはないが、中国向けには売られているPCケース付きディスプレーケースなのだ。

 これは他人と差別化できるとばかりに、これをベースに将来AMD互換であろう中科曙光製CPUをつけかえられるシステムを組むことにした。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン