このページの本文へ

LINEを便利にする裏技とTIPS集めました 第8回

ひと手間で思い出が一層鮮明に!

LINEで写真にタイムスタンプを付けて送る方法

2018年04月28日 10時00分更新

文● 高橋暁子 編集●アスキー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「LINEをもっと楽に使う方法はないのかな?」「今さら友だちには聞けないけれど、使い方がわからない機能がある」――そんなアナタに週2回、LINEの裏技とTIPSをやさしく伝授。講師は、SNSの最新情報と若者動向を追い続けるITジャーナリスト 高橋暁子さんです。〈連載目次〉〈LINEの基本的な使い方を知りたい人はこちら

Q:撮影日時を付けて写真を送りたいな
A:タイムスタンプが付けられます!

 LINEの写真に撮影日時を表示したいと思ったことはないだろうか。じつは使いやすいタイムスタンプが用意されているので、使い方をお伝えしていきたい。

 LINEで写真を送りたい相手とのトーク画面を開き、新たに撮影して送りたい場合はカメラマーク、撮影済み写真を送りたい場合は写真マークをタップ。撮影した写真を表示し、下部一番右の顔マークをタップ。

 上部には現在の日時や曜日などのスタンプが表示される。タップでスタンプが写真に表示される。押したまま移動させることでスタンプを好みの場所に移動させたり、スタンプ自体をピンチイン・ピンチアウトで縮小・拡大もできる。下部には絵文字も用意されている。最後に、「送信」をタップで加工済み写真を送信できる。

1. カメラマークあるいは写真マークをタップ

2. 写真を表示し、下部一番右の顔マークをタップ

3. タップで好みのスタンプを写真の上に載せよう

4. タイムスタンプ付き写真が送信できた

 タイムスタンプは、写真に載せた後にタップすることで、デザインや色などが変わる仕組みになっている。好みのデザインや色などを選んで写真に載せよう。

タイムスタンプは、写真に載せた後にタップするとデザインや色などが変わる

■関連サイト

著者紹介:高橋暁子

 ITジャーナリスト。書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、監修、講演などを 手がける。SNSや情報リテラシー教育に詳しい。『ソーシャルメディア中毒』(幻冬舎)、『Twitter広告運用ガイド』(翔泳社)、『できるゼロからはじめるLINE超入門』(インプレス)など著作多数。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などメディア出演も多い。公式サイトはhttp://akiakatsuki.com/、Twitterアカウントは@akiakatsuki

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン