このページの本文へ

金融庁に許可された仮想通貨取引所以外の広告は禁止に

Twitter、仮想通貨に関する広告ポリシーを発表

2018年03月27日 23時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Twitterの広告における制限事項

 Twitter Japanは3月27日、仮想通貨に関連するTwitter広告に新しいポリシーを発表した。同日より適用され、多くの仮想通貨サービスのセールスが一切禁止される。

 これはTwitterの有料広告商品に世界的に適用される広告ポリシーで、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークンセールスの広告が一切禁止になる。ただし日本では、金融庁に許可されている仮想通貨取引所の広告主に限り、仮想通貨取引所自体もしくはサードパーティのウォレットに関する広告を配信できる。

 なお、仮想通貨関連のニュースや意見をツイートすることは可能。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン