このページの本文へ

GPS搭載、オリジナルアプリの開発も楽しそう

ガイドも常駐 Fitbit初スマートウォッチ「Ionic」レビュー

2018年03月05日 09時00分更新

文● 中山 智 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

音楽アプリからBluetoothイヤホンへ音楽を出力できる(上記写真のイヤホンはFitbit Flyerではない)

 また本体に2.5GBの内蔵ストレージがあるので、約300曲の音楽を保存可能。Bluetoothでイヤホンに出力できるので、あらかじめ音楽ファイルを転送しておけば、トレーニングをする際に連携させるスマートフォンは不要。トレーニングは極力身軽でなにも持ちたくないというユーザーの希望がかなえられるアイテムだ。

 なお、Fitbitはフィットネス向けのBluetoothインイヤーイヤホン「Fitbit Flyer」をアメリカで発売しており、日本では1月下旬に発売。Flyerもフィットネス向けの製品として作られており、防汗仕様でSiri、Cortana、Google Assistantなどの音声コマンドにも対応する。Ionicには自動的に接続するようなので、Flyerと一緒に使ってみたい。

本体背面には心拍数を計測するセンサーが配置されている

 バッテリーは充電式でスペック上は最大5日間、GPS使用時は最大10時間となっている。トレーニングに使う場合はGPSを動作させるケースが多いので、毎日の運動は欠かさないスポーツ好きな人の場合は毎日の充電は必須。ただし腕に着けていたり、外して置いておいた場合の消費電力はかなり少なく、ほぼスペックどおり。トレーニングの時だけ装着するといった使い方なら、こまめな充電は不要だ。

充電は本体背面にマグネットでコネクターを付ける

 充電は、専用のUSBケーブルを使用する。本体との接続部分は、オリジナルのコネクターになっているので、汎用のケーブルは使用できない。コネクター部分はマグネットで装着でき、ケーブルを引っ張って持ち上げても外れないほど磁力が強めなので、うっかりぶつかってケーブルが外れてしまったというようなミスは少なそう。

本体右側面にはボタンがひとつ

左側面には2つボタンがあり、画面のタッチ操作と合わせて使用する。アプリを設定すればショートカットボタンとして機能する

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
注目記事ランキング
ピックアップ