このページの本文へ

ここでしか読めないネタの「連載」「特集」が満載!ASCII倶楽部情報局第458回

アスキー的パソコン大解剖

デスクトップPCをオシャレにかっこよく光らせる 簡単テクも徹底解説

2018年03月03日 18時00分更新

文● ちゅーやん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。有料の会員サービスですが、現在3日間無料キャンペーンを実施中です! 詳細は記事末尾をご確認ください。

 本日は、ASCII倶楽部で2018年2月24日に公開した「デスクトップPCをオシャレにかっこよく光らせる 簡単テクも徹底解説」を紹介します。


 最近はノートPCに押され気味とはいえ、ゲーミングPCを代表とする高性能モデルや、激安PCといったジャンルでは、今でもデスクトップPCは人気がある。まずはスペックや性能ばかりに注目してしまうが、製品を買うときには、サイズや静音性、デザインなども忘れてはならない重要なポイント。普段からPC本体を目にすることが多いだけに、とくにデザインは気にしておきたいところだ。

 通常、デザインといえば外観のことを指すが、もうひとつ注目したいものがある。それが、ライトアップ機能。その名の通り、動作中のPC本体をライトアップするもので、ケース内外を問わず、見た目を派手に、そして美しくできるのがメリットだ。以前は自分でライトアップパーツを組み込む必要があったが、ゲーミングPCを中心にじわじわと人気が出てきており、今では最初からライトアップ機能を装備したPCも珍しくない。

 最初からライトアップ機能を装備しているPCのメリットは、単純に光らせるだけでなく、ケース全体を考えたライトアップができることだろう。とくにロゴマークを光らせるとか、ケースのエッジ部分を光らせるといったように、ケースの外観と合わせたライトアップは自作PCでは真似ができない部分だ。また、製品によってはマウスやキーボードといった周辺機器のライトアップまでまとめて制御できるものもある。

 この特集ではデザインに優れたライトアップPCはもちろんのこと、自作PCで使えるライトアップパーツ、そしてライトアップパーツの使い方まで紹介していこう。

今買うのならこのモデル
魅惑のライトアップPCはこれだ!

 ライトアップするなら自作PC、と思っている人は多いだろうが、メーカー製PCの中にもライトアップ機能を持つPCは増えてきている。そこで本特集では、LEDのカラー変更・パターン変更機能を持つ代表的なメーカー製PCを集めてみた。どの製品も個性的なライトアップとなっている。

古代文明を彷彿させるデザインに注目!
ASUS
ROG GR8 II(GR8 II-6GT027Z)
実売価格 21万6000円前後

 横幅が約10cmしかなく、家庭用ゲーム機かと思うほどコンパクトながら、CPUはCore i7-7700、グラフィックはGeForce GTX 1060、512GBのNVMe対応SSD、16GBのメモリーを搭載するという本格的なゲーミングPC。フロントのデザインは古代文明を彷彿させるもので、そこから漏れ出る光がなんともいえない雰囲気を醸し出す。CPUがCore i5-i5-7400、メモリー8GB、SSDが128GB、の下位モデル「GR8 II-T085Z」もある。

内外問わず美しいキューブデザインに見惚れる
HP
OMEN X by HP Desktop 900-200jp(900-290jp)
直販価格 64万9080円

 キューブを斜めにした斬新なデザインと、フロント全面に装備したイルミネーションが印象的な1台。CPUにCore i9-7900Xを採用し、10コア20スレッドの高性能で高負荷な処理も難なくこなせる実力がある。また、グラフィックはGeForce GTX 1080 Ti×2をSLI構成、メモリーは64GB、さらに512GBのNVMe対応SSDと3TB HDDの両方を装備するなど、超ド級の性能を誇る。CPUにCore i7-7740X、グラフィックをシングル構成に変更した下位モデルもラインナップされている。


 続きは「デスクトップPCをオシャレにかっこよく光らせる 簡単テクも徹底解説」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定。いまならASCII倶楽部3日間無料お試しキャンペーンを実施中! 詳細は下記をご覧くださいませ。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が毎日更新されております!

3日間無料トライアルキャンペーン実施中!

 アスキーの会員サービス(月額1080円)「ASCII倶楽部」では、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

 加えて、ASCII倶楽部では会員の方だけが読める連載・特集記事やニコ生のアーカイブ、さらにはイベント(!)も楽しめちゃいます。

 そんな月額サービスのASCII倶楽部はただいま3日間無料トライアルキャンペーンを実施中。トライアルキャンペーンでは、ASCII倶楽部のすべてのコンテンツを利用できるので、期間内であれば週アスも読み放題!

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額1000円+税(税込1080円)
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。 ※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explor 11※Edgeは除く , Google Chrome , Firefox
(Mac)Safari
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

この連載の記事

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1252(2019年10月15日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキー No.1251(2019年10月8日発行)

  • 週刊アスキー No.1250(2019年10月1日発行)

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2019October

  • 週刊アスキー No.1249(2019年9月24日発行)

  • 週刊アスキー No.1248(2019年9月17日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事