このページの本文へ

確定申告お悩み相談広場第27回

確定申告、自宅の家賃・電気・ネット代を経費にする方法

2018年02月28日 09時00分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 個人事業主・フリーランスを営んでいる人の中には、自宅と仕事場を兼ねているというケースが多いと思います。

 確定申告では、仕事として使った分の家賃や電気代・ネット代を必要経費として計上することができます! 節税を徹底したい人は絶対に無視できませんよね。

 しかし、仕事で使っている分を経費にできるといっても計算方法がよくわからない……。適当に分けるわけにもいかないし、どのようにして割り出せばいいのでしょうか?

家賃は面積と使用時間で経費分が決まる!

 家賃の場合は、仕事で使っている床面積の割合や作業にあてた時間を基に経費分を割り出し、電気代も時間で割合を出すようにしましょう。

 具体的な計算方法は「確定申告、自宅の家賃・電気・ネット代はどうしたら経費になる!?」ページをチェックです。


カテゴリートップへ

この連載の記事
お金の疑問をズバッと解決!
  • 魁!! アスキービジトク調査班R

    ビジトク調査班Rとは……世のフリーランス、個人事業主に関係するお金の情報を片っ端から調査する非公式組織である! 「いくちょん」と一緒に役立つ情報やTIPSをお伝えしていくぞ!

    2015年11月10日 11時00分更新

  • マンガでわかる! 必ず得する「確定申告」

    「確定申告」万年初心者のマンガ家・あべかよこが常々疑問に持っていたど素人な質問に、宮原税理士がやさしくわかりやす

    2014年12月24日 11時05分更新

  • 特命!! アスキービジトク調査班

    個人事業主がビジネスでトクする情報を、ASCII.jp編集部内に結成された調査班・特命記者のカリーさんといくちょんが日夜大奮闘してレポート!

    2014年12月22日 19時00分更新