前へ 1 2 3 次へ

第19回 「VAIO、法人向く。」の現在を探る

Windows 7は最新スペックに入れられないって知ってた?

なぜVAIOは、Windows 7のために新モデルを投入したか

文●飯島範久 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

使い勝手やスペックも最新モデルと遜色ない

 「VAIO Pro PB」の特徴は、13.3インチディスプレーを搭載しながら、重量は約1.09kgと軽量。デザインは現行のVAIO Proシリーズと遜色はない。ディスプレーを開くとキーボード面がチルトアップする機構を備えており、キータッチもしやすい。静音性も高く、キートップはテカりにくいフッ素入りUV硬化塗装を施しているので、長期に使っても文字がかすれにくくなっている。

↑キーボードの打ちやすさは作業効率のよさにつながる。しっかりした打鍵感と静寂性は重要だ。

↑キートップは、テカりにくく印字も消えにくい仕様。長く使っても安心だ。

 インターフェースも現行VAIO Proシリーズ相当で、アナログRGBとHDMI端子を備え、Gigabit Ethernet端子やUSB 3.0×3、SDメモリーカードスロットを搭載。タッチパッド部も独立した2ボタンを備えているので、操作しやすくなっている。

↑日本では重要視されているアナログRGBとHDMI端子の両刀使い。左右に分けて配置したUSB3.0端子は3つ。LAN端子、SDメモリーカードスロットとインターフェースは充実。

 セキュリティー面では、冒頭でも書いたとおり暗号化SSDを選択できるほか、セキュリティーチップ(TPM)も選択でき、SSDの暗号化をサポート。セキュリティーロック・スロットは備わっていないが、キッティングにより備えた例もあるという。

 パソコンの性能は年々進化している。4~5年も経てばその処理速度はかなり違うため、オフィスソフトでさえ体感的にその差を感じるだろう。処理に数10秒、数分かかっていたものが、すぐに終わるとなれば生産性の向上につながり、時短や効率化につながる。

 定期的なパソコンの買い換えは重要だが、OSはどうしてもWindows 7のままにしたいという場合は、「VAIO Pro PB」は最良の選択肢といえる。将来を見据えたスペックを選択すれば、Windows 10へのスムーズな移行ができるはずだ。

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

この記事の編集者は以下の記事もオススメしています

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
10月
11月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2017年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
03月
04月
05月
07月
08月
10月
11月
12月
2015年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
12月
2014年
07月
08月
09月
10月
11月
12月