このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団 第330回

10ポイントを徹底紹介

いよいよ10月17日「Windows 10」秋の大型アップデートで何が変わる?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ファイルオンデマンドを有効にするとストレージを効率的に利用できる

変更ポイント3
OneDriveのファイルオンデマンド機能で容量を節約

 Windows 10の標準クラウドストレージサービス「OneDrive」に、ファイルオンデマンド機能が追加された。ファイル情報は常に同期するが、ファイル本体は必要になるまでダウンロードしないようにする機能だ。ストレージ容量が少ないノートPCなどで便利に使える。

ファイルのステータスがアイコンに付いているマークで判断できる

右クリックメニューからファイルを端末に保存させたり、容量を解放したりできる

 通常は、アイコンにクラウドのマークが付いており、ダウンロードすると白地に緑のチェックマークが付く。右クリックメニューから「このデバイス上で常に保持する」を選んでおけば、強制的に端末内に保持するようになり、アイコンのマークは緑地に白のチェックとなる。

変更ポイント4
「設定」がブラッシュアップし、2項目が追加

 設定がさらに使いやすくなり、コントロールパネルの出番が減っている。まず、大項目に「電話」と「Cortana」が追加されている。コルタナの設定はこれまでコルタナの設定ボタンから開いていたので、面倒だしわかりにくかったが、これですっきりした。

左が従来のWindows 10の設定画面。右が最新版

コルタナの設定が行えるようになった

各種表示もブラッシュアップされている。画面はシステムの「バージョン情報」で、左が旧、右が新となる

 機能の項目も増えている。例えば、「デバイスの検索」には「ペンが見つからない」という項目が追加され、「追跡はこちらから」をクリックするとブラウザで場所を確認できる。ペンを最後に使った場所を記録し、地図表示してくれるのだ。そのほか、見にくかったバージョン情報などもブラッシュアップされている。

ペンを最後に使った場所を記録してくれるようになった

変更ポイント5
スマートフォンと連携する「電話」機能を搭載

 「設定」に新しく追加された「電話」では、iPhoneやAndroid端末を連携できる。スマホに「Continue on PC」アプリをインストールすると、共有メニューからウェブページを飛ばせるようになる。すると、強制的にPCのブラウザーが起動し、ウェブページの続きを閲覧できる。

「電話」→「電話の追加」をクリックする

電話番号を入力してメッセージを受信

「Continue on PC」アプリをインストールすると共有メニューからアクセスできるようになる

 正直今は、単発の項目にするほどの機能ではないのだが、Windows 10 Mobileが失速した今、iPhoneやAndroidとの連携を強化していくつもりなのかもしれない。

閲覧中のウェブページをPCに転送できるようになった

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン