このページの本文へ

ウェアラブルやIoTの普及に必須とされるeSIMが本格稼働

ソフトバンク、IoTデバイス向けeSIMプラットフォームをいよいよ運用開始

2017年09月20日 16時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ウエアラブル端末などのIoTデバイス向けeSIMプラットフォームの利用イメージ

 ソフトバンクは9月20日、ウェアラブル端末などのIoTデバイス向けのeSIMプラットフォームを9月22日より運用開始すると発表した。

 SIMの入れ替えなしに通信ネットワーク接続に必要なプロファイルを遠隔で書き込めるeSIMは、機器サイズの小さなIoTデバイスにおいて期待されている。今回運用が開始するeSIMプラットフォームは、ソフトバンクがIoT推進の一環として開発、ウェアラブル端末などに内蔵したeSIMに対して通信接続に必要な情報に加え、事前に登録した契約情報なども書き込むことが可能という。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
ピックアップ