このページの本文へ

上野優華の“e☆音”探し〜イヤホン・へッドホン〜第1回

いい音は自分で手に入れる、上野優華が自腹でイヤホン選び (2/4)

2017年08月25日 17時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

いい音に出会うためには、1万円の予算があれば十分!

 現在販売されているポータブル向けのイヤホン・ヘッドホンは非常に多いですが、いくつかのグループに分けることができます。

 ここで簡単にまとめてみましょう。

イヤーピースの交換で音が変わると聞いて興味を持つ上野さん

 まず大きな違いとしては、イヤホンとヘッドホンに分けられます。ここは読者のみなさんもご存じだと思いますが、スマホに付属するイヤホンからのグレードアップを考えた場合、イヤホンでは5000円程度、ヘッドホンでは1万円程度の予算から検討していくことをおすすめします。高級機種であればあるほど、音質面でのメリットはありますが、最近では低価格でも高音質な製品が非常に増えており、イヤホン/ヘッドホンを変えて音質のグレードアップを体験してみたいという人にはこのあたりがお手頃です。

 次のポイントは接続方法です。大きく無線(Bluetooth)と有線があります。スマホ中心に音楽を聴くのであれば、Bluetooth接続の便利さは魅力ですが、有線接続のほうが音切れの心配がなく、一般的には音質面でも有利とされています。

 ただし最近ではBluetooth接続のモデルでも音切れが少なく、音質面で優れた製品が存在するので、試聴したり、装着感を確かめたりして「自分の好みに合うのかどうか」を考えてみるといいと思います。

 Bluetoothイヤホンは高価な印象がありましたが、最近では音質的にも優れた機種が、3000円程度の予算から買えます。

 これ以外にも密閉型と開放型、ハイレゾ対応の有無、リモコン対応、ケーブル着脱の可否……など細かい要素が絡んできますが、まずは装着方法と接続方法、それに予算を決めていくと分かりやすいのではないでしょうか。また、スポーツに使うなら防水性や機能性(心拍センサーなどを内蔵するものもあります)、移動時に使うのならノイズリダクションや密閉性、取り回しのしやすさ、自宅中心なら多少大きくても高音質なものなど利用イメージが明確ならより絞り込んだ機種選びができます。

 e☆イヤホンのような専門店であれば、欲しい製品のイメージをスタッフに伝えることで、目的に合った製品をアドバイスしてくれるでしょう。

展示されている機種がいっぱいで、1日いても飽きない

 今回は上野優華さん自身が使う、初めての高音質イヤホンを探すというコンセプトなので、e☆イヤホンスタッフの協力を仰ぎながら、少し高級な機種までピックアップし、機種やグレードによってどんな違いが出るのか聴いてもらいました。もちろんデザインも重要な要素なので、この点も妥協なく……です!

カテゴリートップへ

この連載の記事

秋の「鉄板ヘッドフォン」購入ガイド

ピックアップ