このページの本文へ

PCゲームの快適プレイに必要なCPUを吟味する

Core i7とRyzen 7、最新FF14とGears of War 4で有利なのはどっち?

2017年06月16日 11時00分更新

文● 加藤勝明 編集●ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

フルHD&画質“中”設定ではCore i5-7600Kだけがばらつく

フルHD&画質“中”設定、Core i7-7700Kにおけるフレームレートの推移。

フルHD&画質“中”設定、Core i5-7600Kにおけるフレームレートの推移。

フルHD&画質“中”設定、Ryzen 7 1800Xにおけるフレームレートの推移。

フルHD&画質“中”設定、Ryzen 7 1700Xにおけるフレームレートの推移。

フルHD&画質“中”設定、Ryzen 7 1700におけるフレームレートの推移。

フルHD&画質“中”設定、Ryzen 5 1600Xにおけるフレームレートの推移。

 負荷の低い画質“中”設定になると、CPU側のレンダリング処理のフレームレート(赤)の散らばり方がぐっと少なくなるが、Core i5-7600Kの散らばったままだ。GOW4においては4コア/4スレッドのCPUは、CPUがボトルネックになり得ると断言してよいだろう。しかしながら、もともとのIPCが高いゆえに平均fpsはRyzen勢と比べると優秀だ。

 そして、ここでも「マルチスレッド性能が高いぶん処理は安定しやすいが、いまひとつGPUパワーを引き出せないRyzen勢」と、「GPUパワーを引き出しやすいCore i7-7700K」という違いが見えてくる。

WQHD&画質“最高”設定で際立つCore i7-7700Kの凄み

WQHD&画質“最高”設定、Core i7-7700Kにおけるフレームレートの推移。

WQHD&画質“最高”設定、Core i5-7600Kにおけるフレームレートの推移。

WQHD&画質“最高”設定、Ryzen 7 1800Xにおけるフレームレートの推移。

WQHD&画質“最高”設定、Ryzen 7 1700Xにおけるフレームレートの推移。

WQHD&画質“最高”設定、Ryzen 7 1700におけるフレームレートの推移。

WQHD&画質“最高”設定、Ryzen 5 1600Xにおけるフレームレートの推移。

 平均fpsの差が小さい、WQHD&画質“最高”設定ではGPUフレームレート(水色)の点が帯のように集中し、CPU処理(赤と黄色)のばらつきも小さくなる。Core i7-7700Kは赤と黄色の点がほとんどグラフの天井に張り付いている(数値は縦軸の範囲外)のに対し、Ryzen勢では赤の点が水色のすぐ下の領域に集中している。

 GOW4ではGPUがボトルネックになるとCPU側のフレームレートは非常に高くなるので、Core i7-7700KやCore i5-7600Kはすでにこの時点でGPUのボトルネックに引っかかっている。つまり、GPUの性能を最大限に引き出しているわけだ。一方で、RyzenはGPUと同じぐらいのところでたばになっている。マルチスレッド性能を使い切っておらず、かつGPUのパフォーマンスを余らせている印象だ。ここはゲーム側の対応が求められるところで、もっとスレッドを使うゲームが出てくれば光る可能性もあると感じた。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン