このページの本文へ

冗長化や高速化の効果

容量の違うディスクでRAIDが組めるDroboに、イーサネット2ポートの新モデル

2017年06月09日 21時00分更新

文● 天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 プリンストンは6月9日、Drobo製「Drobo 5N2」の取り扱い開始を発表した。実売予想価格は10万2384円。

 ギガビットイーサネットポートを2基搭載したNAS。ネットワークの冗長化や、2本のネットワークを束ねて通信速度を高速化する「ポートボンディング機能」に対応。従来比で約30%高速化した最新CPUを搭載する。

 5台分の3.5インチベイを搭載し、4KネイティブHDDやSSDに対応。単一ボリュームで64TBを構築できる。各ベイはディスクスロットイン方式を採用で、HDDやSSDの挿入・取付けにネジ止めは不要。

 従来製品同様に容量やメーカーの異なるディスクでRAIDを構築できる「Beyond RAID」や、旧モデルからの乗り換えが簡単に実現する「Drobo Migration機能」に対応。また、ほかのDroboシリーズと同様に法人ユーザー向けのHDDパッケージが用意されており、オプションで延長保証サービスにも加入できる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン