このページの本文へ

安定した飛行性能とムラのない散布を実現

DJI初の農薬散布用ドローン「MG-1」静音で安定したフライトを実現

2017年03月08日 18時56分更新

文● 田沢/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
DJI AGRAS MG-1の横に立つ呉韜氏

 DJI JAPANは3月8日、あきる野市のしろやまテラスにて高性能農薬散布用ドローン「DJI AGRAS MG-1」(MG-1)の販売開始発表会を実施した。

 MG-1は液体農薬や肥料、除草剤などの散布を用途とした折りたたみ式のオクトコプター。IP43の防塵/防水性能で、液体タンクには10Lの液体を搭載でき、最大10分の飛行が可能だ。一般の農業用ラジコンヘリと比較して静音で駆動し、レーダー認識機能を搭載しているので電柱などが多い日本の地形に適しているという。

 はじめに、DJI JAPAN代表取締役の呉韜氏が登壇し以下のようにコメントした。「MG-1は3年をかけて製品化したプロジェクトで、DJIの中では最も時間がかかった製品の1つです。去年の韓国や中国での販売や、日本の農業関係者からのフィードバックをもとに非常に完成度の高い業務用ドローンが完成しました」

前面液体タンク
プロペラ部のアームを内側に折りたたむことで持ち運びが容易になる
専用コントローラー「DLG60A」

 A3フライトコントローラーの制御によって、外部の振動で液体が揺れ動いた場合でも安定した飛行が可能だという。2つの気圧計と2つのコンパスを装備しており片方に不具合が生じても、もう1つのセンサーがフライトを維持する。また、噴霧状況をリアルタイムで監視するセンサーを搭載し、機体の速度に合わせて噴霧する。

 最大6個のバッテリーを接続できる専用の充電ハブや液滴分析計、RTKの測量システムといったアクセサリーもラインアップ。また、農業用マルチローターを製造する企業のためにフライトコントローラーから動力システムまで、農薬散布ソリューションパッケージを用意。企業はそれぞれの環境に合ったオリジナルの農業機を製造できる。機体の価格は180万円前後を予定。農林水産航空協会の指針に基づいたDJIオリジナルテキストよるオペレーター研修や初年度無償の対人保険、任意の機体保険も用意している。

MG-1の飛行性能と噴霧能力は? 屋外でデモフライト

 グランドにてデモフライトも実施した。天候は良く風は穏やかで中々のフライト日和であった。

離陸するMG-1左右に揺らす

 地面から一定の距離を保ったまま飛行し、デモフライトでは農薬の代わりに水を噴霧した。水を搭載していながら左右に揺らしても、安定した飛行を実現した。オクトコプターということもあり飛行中の音は抑えられているので、一般的な農業用のラジコンヘリと比べて静かに感じた。

カラーコーンの間を飛行専用コントローラー
全面噴霧後方噴霧

 4つのノズルを搭載し、全面/前方/後方に切り替えて噴霧できる。コントローラーのM+(手動強化モード)を使用すると横移動の距離を設定でき、機体が前進した場合のみに噴霧するのでムラのない散布が可能だ。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ