このページの本文へ

飛行性能は最大速度50k/mで、最大飛行時間は16分

DJIの6万円台小型ドローン「Spark」が予約受付開始

2017年05月25日 13時05分更新

文● 田沢梓門/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 DJIは5月25日、同社の通販サイト「DJI STORE」にて個人向け新型ドローン「Spark」シリーズの仮予約受付を開始した。価格は6万5800円からで、6月15日に発送開始予定。

 機体のサイズは幅143×奥行き143×高さ55mmで、重量は300g。同社が昨年に発売した折りたたみ式ドローン「Mavic Pro」よりも小型で軽量。

 飛行性能は最大時速は50kmで、最大飛行時間は16分。HD動画転送技術で連携しているスマホで最大2km先から720pの動画伝送がリアルタイムで可能。

 Sparkはメインカメラ、ビジョンポジショニング・システム (VPS)、3次元認識システム、デュアルバンドGPS、高精度慣性測定ユニット、24個のコアプロセッサーを搭載。これにより、Sparkは最大30mの範囲で正確なホバリングが可能で、最大5m先の障害物を認識し衝突を防止する。

 Mavic Proのすべてのフライトモードを搭載し、「クイックショット」や「パームコントロール」といった新たなジェスチャーコントロールを搭載している。

Sparkのカメラ部分

 カメラは1/2.3インチCMOSセンサーを搭載し、1080p 30fps動画と1200万画素の静止画を撮影可能。

パノラマSHALLOWFOCUS

 従来のDJI製品の撮影モードに加えてSparkでは、ジンバルと進行方向を自動で調整して横や縦にパノラマ撮影をする「パノラマ」と、3D技術により3D技術により被写界深度の浅い写真を撮影する「SHALLOWFOCUS」を搭載した。

 アルペンホワイト、スカイブルー、メドウグリーン、ラヴァレッド、サンライズイエローのポップな色合いの5色のカラバリをラインアップ。Sparkにはプロペラ、インテリジェントフライト・バッテリー、充電器、マイクロUSBケーブル、保管ボックスが付属。

Spark Fly Moreコンボ

 プロペラガード、クイックリリース折りたたみプロペラ、インテリジェント・フライトバッテリー、ショルダーバッグ、バッテリー充電ハブ、送信機がセットになった「Spark Fly Moreコンボ」も9万1800円で仮予約受付中だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン