このページの本文へ

留守番電話をテキスト化してスマホに通知、業務用途で活用しやすい

ソースネクストのアプリがケーブルテレビ2局へ提供開始

2017年02月27日 22時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
スマート留守電

 ソースネクストは2月24日、同社の留守番電話サービス「スマート留守電」などのがケーブルテレビ2者に提供されると発表した。

 スマート留守電は留守番電話の内容をテキスト化、スマホにメッセージとして送信するもので、宅配ドライバーなど業務用途としても活用されている。

 スマート留守電に加え、100タイトル以上の有料Androidアプリが使い放題となる「アプリ超ホーダイ」、120タイトル以上の最新版パソコンソフトが使い放題になる「超ホーダイ」。岡山ネットワーク、愛媛CATVの2社に導入され、それぞれの各社のサービス付加価値向上として導入したという。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ