このページの本文へ

2017年も注目はSIMフリースマホ! 人気端末全カタログ 第5回

コスパで選ぶか性能で選ぶか

SIMフリータブは2万円台前半のファーウェイと高性能モデルのASUSに注目

2017年02月05日 12時00分更新

文● ドロイドさん(アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

電子雑誌読み放題サービスにも適したLTE対応8型タブが
2万円台前半で登場! ファーウェイ「MediaPad T2 8 Pro」

 後述する7型モデルとともに、高解像度ディスプレーを含めて、なかなかの性能を持ちながら、2万円台前半で購入できることが話題のファーウェイ製SIMフリータブ。まず紹介するのは8型の「MediaPad T2 8 Pro」だ。

通勤中の車内などでもギリギリ片手で持って電子書籍やSNSなどを楽しめるサイズと言える「MediaPad T2 8 Pro」

 7型と8型、数字の比較だけでは差は小さいように見えるが、実際の使い勝手では結構な違いがある。特に8型のメリットを感じるのが、電子雑誌を表示した際。1ページを画面全体に表示させていてもテキストはギリギリ読むことができる。最近人気の雑誌読み放題サービスを外出時に楽しむのにも適した1台だ。もちろん持ち運びのしやすさでは7型が上なので、自分の使い方で選ぶといいだろう。

 1920×1200ドットの8型液晶、オクタコアのSnapdragon 615、2GBメモリー、16GBストレージ、4800mAhバッテリー、Android 6.0など、スマホではミドルクラスの性能。通話機能にも対応するほか、au系のデータSIMでも利用可能(通話は不可)だ。

メタルフレームがアクセントになっている。重量は340gとやや重め。microSIM/microSDスロットは側面に。auのネットワークにも対応する

フルHDオーバーの液晶に指紋センサーまで搭載
それで2万円台! ファーウェイ「MediaPad T2 7.0 Pro」

 タブレットの中でも最もコンパクトな7型クラス。持ち運んで手軽に使えるサイズだからこそ、LTE搭載モデルが欲しいところ。その貴重なSIMフリー機が「MediaPad T2 7.0 Pro」で、昨夏の発売以来、いまだに品薄状態を繰り返す人気モデルだ。

 2万円台半ばの価格帯ながら、1920×1200ドットという高解像度液晶を採用。さらにオクタコアCPU(Snapdragon 615)、2GBメモリー、16GBストレージに加え、ワンタッチでロック解除が可能な指紋センサーまで搭載するので、出先でもセキュリティーを高めつつ、しかもすぐに使い始められるのがうれしい。

なにより価格に驚きの「MediaPad T2 7.0 Pro」。LTE対応の小型Androidタブの基準になる?

 デザイン的にもメタル筐体を採用し、厚み8.2mm、重量は約250gと薄型軽量。それでいてバッテリー容量は4360mAhと大きめ。さらに通話機能にも対応しているので、このサイズが気にならないなら、1台持ちでの運用すら可能だ。カラバリもホワイト、ブルー、ゴールドの3色。特にブルーは側面まで青で、なかなかインパクトがある。

持ち運びしやすいサイズのうえに、指紋センサーも搭載することでセキュリティーを確保している

音と画面にこだわったプレミアムなSIMフリータブ
ファーウェイ「MediaPad M3」

 「MediaPad M3」は、ファーウェイのSIMフリータブの中でも、サウンドと高画質のディスプレーにこだわったというプレミアムモデル。シルバーのスタンダードモデルとゴールドのプレミアムモデルがあり、ストレージ容量が異なるほか、後者にはM3専用設計というAKG製イヤホンまで付属する。

プレミアム感のあるメタル筐体を採用。指紋センサーはホームボタンに一体化されている

 スペックも当然高く、8.4型液晶の画面解像度は2560×1600ドット、CPUは高性能なKirin 950(2.3GHz+1.8GHz、オクタコア)、4GBメモリー、32 or 64GBストレージ、5100mAhバッテリーなど。タッチ式の指紋センサーも搭載する。

 サウンド面では、旭化成エレクトロニクス(AKM)製のD/Aコンバーターを搭載するほか、米ハーマン社がサウンドチューニングを担当。端末の上下部に1W×2のスピーカーが設置されている。横画面ではステレオサウンドを楽しめるほか、縦画面でも左右をミックスしての再生をしてくれる。ディスプレーも独自の最適化技術「ClariVu」によって、利用している場面に合わせた表示に自動的に切り替わる。

本体上下に大型のスピーカーを搭載。電子書籍の読書時にブルーライトをカットする機能も

 価格は4万円台と少し高めになるが、動画や写真、電子書籍など、コンテンツを楽しむのに適した1台だ。

こちらは上位のゴールドモデル

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン