このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファーウェイ通信第25回

自宅でエンタメを満喫できる10型タブレットも同時登場!!

2万4980円のLTE対応7型SIMフリータブレット「HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro」レビュー!

2016年07月08日 11時00分更新

文● 加藤肇、アスキー編集部 編集● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(提供:ファーウェイ)

 SIMフリースマホやモバイルルーターなど、ファーウェイ製端末の魅力をお伝えしている「ファーウェイ通信」。今回は、LTEでの高速通信に対応、さらに指紋認証センサーを搭載し、それでいて市場想定価格で税抜2万4980円が話題の7型SIMフリータブレット「HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro」(以下、T2 7.0)をレビューする。

 また、T2 7.0と同時にラインアップに加わった10型タブレット「HUAWEI MediaPad T2 10.0 Pro」(以下、T2 10.0)についても紹介する。

今回はLTE対応のSIMフリータブレットながら、高スペックと驚きの価格が魅力の「HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro」をレビューします!

貴重なLTE対応&SIMフリーの7型Androidタブレット
フルHDオーバーの液晶も搭載しながら、価格は2万4980円!

 プレミアム機からエントリー機まで幅広いラインアップが揃うファーウェイのSIMフリー端末。今回紹介するT2 7.0はAndroidタブレットでありながら、通話機能も持つ“ファブレット”的な存在の1台で、実際にコンパクトで持ち運びやすいのだ。また、後述するような高機能にもかかわらず、市場想定価格で税抜2万4980円という価格は、これまでのLTE対応タブレットにはなかったお買い得さだ。

SIMフリーのLTE対応タブレットは案外選択肢は多くないので貴重な1台だ。もちろんコストパフォーマンスにも注目

 まずはざっくりとスペックを見ていこう。CPUはオクタコアのSnapdragon 615(MSM8939)。ディスプレーは前述のとおり、フルHDオーバー(1920×1200ドット)の解像度を持つ7型液晶だ。そのほか2GBメモリー、16GBストレージ、4360mAhバッテリー、1300万画素カメラを搭載しており、まったく不満のない性能を持っている。

控えめなゴールドが印象的。カメラは1300万画素だ
LTEに対応するのがなによりうれしい

 ネットワークはLTEに対応。LTEの対応周波数はバンド1/3/8/19/26/28/41、3G(W-CDMA)はバンド1/6/8/19となっている。SIMサイズはnano SIMで、国内主要3キャリアのメイン周波数帯をサポートしている。

7型タブレットとはいえ、片手で十分に持てるサイズだ

 落ち着いた雰囲気の本体は、7型ディスプレー搭載とは思えないほどのコンパクトさが印象的。厚さ約8.2mm、重量は約250gと薄型軽量で、男性であれば片手持ちも苦にならないサイズ感だ。実際に手に持ってみると、側面や角部分が丸みを帯びているため、手への当たりが柔らかで心地よい。ポケットやバッグへの出し入れがスムーズになるというメリットもあるだろう。

側面は滑らかな曲線で長い時間、コンテンツを楽しんでいても違和感がない

 デザインについては、高級感を漂わせつつ全体的に落ち着いた雰囲気で、老若男女問わず誰にでもフィットするスタイルが特徴だ。カラバリは定番のホワイト、ゴールドに加えて、ブルーもラインナップ。ブルーはあまり見かけないさわやかな色合いのため、定番色では飽きたらない人にはオススメと言える。

カラバリは3色。特にブルーは側面まで水色で印象的だ
ファーウェイ「HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro」の主なスペック
ディスプレー 7型液晶
画面解像度 1920×1200ドット
サイズ 約105.8×187.4×8.2mm
重量 約250g
CPU Snapdragon 615
(MSM8939、オクタコア)
メモリー 2GB
ストレージ 16GB
対応ネットワーク LTE:1/3/8/19/26/28/41
W-CDMA:1/6/8/19
無線LAN IEEE802.11n(2.4GHz対応)
OS Android 5.1(EMUI 3.1)
カメラ画素数 リア:1300万画素
/イン:500万画素
バッテリー容量 4360mAh
SIM形状 nano SIM
カラバリ ホワイト、ブルー、ゴールド
価格(税抜) 2万4980円

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事