このページの本文へ

デュアルバンドそれぞれに独立アンテナを装備

6人家族を想定、一家全員が安定通信できる無線LANギガビットルーター

2017年01月31日 20時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「WRC-1750GHBK-E」

 エレコムは1月31日、高速で安定した通信を可能とする無線LANギガビットルーター「WRC-1750GHBK-E」を発表した。2月上旬に発売する。

 5GHz帯ではIEEE 802.11ac/n/a、2.4GHz帯ではIEEE 802.11n/g/bのデュアルバンドに対応。それぞれの独立した3×3の内蔵高感度アンテナを搭載。WAN側/有線LANの全ポートがギガビット通信に対応する。

 6人家族で使うことを前提に設計し、6人全員(最大18台)が別々の端末を同時使用した際にも十分対応できる。ルーターやアクセスポイントのほか、中継機モードや子機モードも備えるなど、さまざまな使い方ができる。

有線LANポートは全ポートギガビット対応

 WAN側1ポート、LAN側4ポート。本体サイズはおよそ幅130×奥行26×高さ182.5mm、重量約270g(スタンド、ACアダプター除く)。価格は1万5250円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン