このページの本文へ

アカマイのソリューションへマネージドセキュリティサービスを提供

ラック、ウェブサイトへの攻撃脅威に向けアカマイとパートナー契約を締結

2017年01月26日 16時15分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ラックは1月26日、アカマイ・テクノロジーズとの戦略的パートナー契約を締結し、アカマイのウェブセキュリティーソリューションとラックのセキュリティー監視センター(JSOC)を統合した、マネージドセキュリティーサービス(MSS)を提供する予定だと発表した。

 パートナーシップの一環として、JSOCは分散型サービス妨害(DDoS)およびウェブアプリケーション攻撃に対する24時間365日の監視、分析、運用支援を通じて、ユーザーのセキュリティーインシデント対応をサポートするという。

 MSSサービスは、アカマイによって認定されたJSOCのエンジニアによって提供。ラックのネットワーク監視サービスに追加される。

 ラックは、今回のJSOCによるMSSサービスの提供だけではなく、サイバー救急センターやセキュリティー診断、セキュリティー人材育成といった多方面での連携を順次強化し、官公庁・企業・団体などのセキュリティー対策を支援していくという。

カテゴリートップへ

ピックアップ