このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ASCII.jp PCパーツweekly ― 第38回

待望のSSD、960 PRO/EVOが登場 直近1週間のPCパーツ記事まとめ(12月13日~12月17日)

2016年12月20日 18時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 国内初登場の最新モデルから、おっ! 便利そうと感じる小物まで、さまざまなPC関連パーツが続々と入荷している秋葉原。

 日々、PCパーツニュースをお届けしているが、先週登場した注目の製品などがひと目でわかるように、ここでは1週間のPCパーツカテゴリー注目記事をまとめてレポートする。

 そのうえ、仕事や学校帰りに買える平日特価品や、取材班が自腹で食べた秋葉原の昼飯&夕食、面白かったイベント情報など、注目情報もお届けしよう。

AMD、「Zen」コアベースの次世代デスクトッププロセッサー「Ryzen」を発表(12月14日掲載)

 AMDは12月14日、2017年第1四半期の正式発売に先立ちZenコアアーキテクチャーをベースにした次世代高性能デスクトッププロセッサー「Ryzen」を発表した。

 Ryzenは、ZenベースのデスクトップPCやノートブックPC向けのプロセッサーブランド。Ryzenには、クロックあたりの命令数が40%以上の顕著な増加を可能にするというSenseMIテクノロジーが組み込まれている。

編集部のひとこと

 正式発売は2017年第1四半期と、まだまだ待たされるが、やっと情報が出てきたZenコアアーキテクチャーをベースにしたAMDの次世代ハイエンドプロセッサー。プレビューイベント「New Horizon」では、3.4GHzで動作する8コアで16スレッドのRyzenデスクトッププロセッサー「Q1 2017」と、Core i7-6900Kで3Dレンダリング性能を比較しており、ほぼ同等の性能を発揮する。

URL:http://ascii.jp/elem/000/001/404/1404031/

Kaby Lake搭載のGIGABYTE製の小型ベア「BRIX s」が発売
(12月14日掲載)

 Kaby Lakeことインテル第7世代Coreプロセッサーを搭載したGIGABYTE製の小型ベアボーン「BRIX s」シリーズが登場、ドスパラ パーツ館で販売中だ。

Kaby Lake搭載の小型ベアボーン「BRIX s」シリーズの販売がスタート

編集部のひとこと

 CPUはノートPC向けKaby Lakeの「Core i7-7500U」で、2コア/4スレッド、定格クロック2.7GHz、最大3.5GHzとなるUシリーズの最上位モデルだ。内蔵GPUは「Intel HD Graphics 620」で、動画処理支援機能は新たに4K HEVC 10bitのデコード/エンコード、VP9のデコードが追加されている。

 ASRockからもノートPC向けのインテル第7世代Coreプロセッサーを搭載したコンパクトPC「Beebox-S」が、今週末に2モデル登場予定になっている。

URL:http://ascii.jp/elem/000/001/404/1404449/

ドイツのゲーミングブランド「SKILLER」が日本で販売開始
(12月14日掲載)

 SHARKOONが都内で新製品発表会を実施し、ゲーミングブランド「SKILLER」の製品を12月20日より日本で販売すると発表した。発表されたのはキーボードやマウスなど全9製品。

SHARKOONが都内で新製品発表会を実施。ゲーミングブランド「SKILLER」の製品を公開した

編集部のひとこと

 20日より販売がスタート。お買得なSKILLERシリーズ発売記念セットも用意される。

URL:http://ascii.jp/elem/000/001/404/1404478/

オール台湾製電解コンデンサー採用の GOLD電源が恵安から
(12月14日掲載)

 恵安から、80PLUS GOLD認証の電源ユニット「静かGOLD」シリーズが登場。ドスパラ パーツ館で販売中だ。ラインナップは500W「KT-AP500-AXG HC」と600W「KT-AP600-AXG HC」の2モデル。

恵安から発売された80PLUS GOLD認証の電源ユニット「静かGOLD」シリーズ

編集部のひとこと

 2000年ごろに、基板上のコンデンサーがはじけまくり、海外製コンデンサーの信頼が地の底に落ちた件を覚えている人も多いなか、オール台湾製コンデンサー採用をパッケージに記載。ある意味、いろいろ試してみたくなる製品ではある。

URL:http://ascii.jp/elem/000/001/404/1404523/

USB3.1 Type-Cで使えるVGAアダプター+USBハブ
(12月14日掲載)

 SilverStoneから、USB3.1 Type-C対応のVGAアダプター「SST-EP06C」が登場した。

USB3.1 Type-C対応のVGAアダプター「SST-EP06C」。D-Subのほか、USB3.0 Type-AとType-Cのハブ機能も備える

編集部のひとこと

 Apple純正アクセサリー「USB-C VGA Multiportアダプタ」のWindows向けとなっている「SST-EP06C」。Mac OS X 10.11以降にも対応しているので、Windows PCとMacBookの両方使っており、D-Subが必要なプロジェクターなどを接続したい人向けだろう。

URL:http://ascii.jp/elem/000/001/404/1404530/

FILCO待望の白色キーボード全8モデルがデビュー
(12月15日掲載)

 FILCOブランドを展開するダイヤテックから、ホワイトカラーのメカニカルキーボード「Majestouch 2 HAKUA」シリーズが発売された。ブラックカラーのイメージが強いFILCOブランドの中にあって注目の製品と言えそうだ。

FILCOブランドに加わったホワイトカラーのメカニカルキーボード「Majestouch 2 HAKUA」

編集部のひとこと

 「あらゆるシーンに違和感なく溶け込む白色を目指した」という「Majestouch 2 HAKUA」。キースイッチにCHERRY MXを採用したホワイトカラーのメカニカルキーボードが欲しかった人は注目だ。

URL:http://ascii.jp/elem/000/001/405/1405139/

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中