このページの本文へ

協賛各社がブースにゲーミングPCがズラリと集結

IEMギョンギ大会で展示されていたゲーミングPCをくまなくチェック!

2016年12月19日 18時52分更新

文● 平澤寿康 

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 IEMギョンギ大会では、参加プレーヤーの対戦を観戦するだけでなく、会場内にIntelをはじめとした協賛各社がブースを構え、最新ゲーミングPCを展示するとともに、実際に来場者がゲームを楽しめる環境も整えられていた。ここでは、IEMギョンギ大会で展示されていたゲーミングPCを紹介していこう。

IntelブースにはCoreプロセッサ搭載ゲーミングPCを多数展示

 会場エントランスにかなり大きな場所を確保していたブースが、Intelブースだ。Intelブースでは、第6世代Coreプロセッサーを中心としたIntel製CPUを搭載するゲーミングPCが多数展示されていた。展示されていたゲーミングPCは、ゲーミングノートPCが中心。Acer、ASUS R.O.G.含む、Dell、HP、Lenovo、MSIといった有名メーカー製の最新ゲーミングPCを展示。また、各ゲーミングPCには、IEMギョンギ大会で競技タイトルに採用されている「StarCraft II」、「League of Legends」、「Overwatch」がインストールされ、来場者が自由にプレイできるようになっていた。また、Intelが現在最も力を入れている分野の一つとして挙げているVRコーナーも用意。HTC Viveや、アクチュエーター付きの体感型レーシングシートを利用したVRレーシングコーナーでは、これまでのPCゲームにはない臨場感で試遊プレイが行えた。

 そして、ブースの一番奥には、「Intel Extreme Masters(IEM)認定PC」と呼ばれるPC製品が展示されていた。こちらは、IEMが定める基準を満たしたPCに対して与えられるものだそうで、eスポーツ向けゲーミングPCの基準になっているという。ブースでは数種類のIEM認定PCを展示していたが、そのうち2台は、韓国の有名ゲーミングPCブランド「Preflow」が販売している「IEM-PC CHALLENGER」と「IEM-PC CHAMPION」という製品で、韓国で実際に販売されているものだ。

 IEM認定PCは、CPUが第6世代Core i5以上、メモリーが8GB以上のDDR3/DDR4 HyperX、グラフィックボードがGeForce GTX 960以上またはRadeon R9 280以上、ストレージはSSDが128GB以上でインテル製SSDを推奨、HDDは最低500GBで、SSDのみまたはSSD+HDDの構成であること、OSはWindows 8.1またはWindows 10であることが求められる。もちろん、IEM-PC CHALLENGER、IEM-PC CHAMPIONともにこの条件をクリアーしている。こういったPCが販売されているという点からも、韓国でeスポーツが盛んであるとともに、IEMの認知度も高いことがわかるだろう。

IEMギョンギ大会の会場エントランスに構えていたIntelブース各社のゲーミングノートPCを設置し、今大会で競われているタイトルが試遊できた
AcerのゲーミングPC「Predator 15」こちらはAcerブランドの高性能PC「Aspire V5-591G」。Acerの2製品ではOverwatchが試遊できた
ASUS R.O.G.ブランドのゲーミングノートPC「G752VM-GC008T」こちらもASUS R.O.G.ブランドのゲーミングノートPC「GL502VM-FY029T」。R.O.G.の2製品にもOverwatchがインストールされていた
Dellの高性能ノートPC「Inspiron 15 7566」こちらもDellの高性能ノートPC「Inspiron 15 7599」。これらDellの2製品もOverwatchが試遊可能
HPの高性能ノートPC「OMEN by HP Laptop 15」こちらもHPの高性能ノートPC「Pavilion Notebook 15」。HPの2製品にはLeague of Legendsをインストール
LenovoのゲーミングノートPC「Y700 Sky Kaiser 15」こちらもLenovoのゲーミングノートPC「Y900 Gaming」。これらLenovo2製品でもLeague of Legendsが試遊可能だった
MSIのゲーミングノートPC「GS63VR 6RF Stealth Pro」こちらもMSIのゲーミングノートPC「GT73VR 6RE Titan」。MSIの2製品にはStarCraft IIをインストール
アクチュエーター付きでガタガタ動くレーシングシートを利用したVR体験コーナー。歓声を上げてプレイする来場者が多数見られたIntelブース奥に用意されていた、「Intel Extreme Masters認定PC」コーナー
IEMが定める基準をクリアーしたPCが認定され、eスポーツの基準的な製品として販売されている。こちらは韓国Preflowが販売している「IEM-PC CHAMPION」。CPUにCore i7-6700、グラフィックボードにGeForce GTX 1070などを採用しているこちらもPreflowが韓国で販売しているIEM認定PC「IEM-PC CHALLENGER」。CPUはCore i7-6600、グラフィックボードはGeForce GTX 1060と、IEM-PC CHAMPIONより下位の製品となる
推奨SSDとして、IntelのPCIe NVMe対応SSD「Intel SSD 750シリーズ」も展示していた

アリーナ後方にもゲーム体験コーナーを用意

 Intelブースはエントランスに設けられていたが、ステージのあるアリーナ後方にもゲーミングPCが置かれ、各種ゲームを試遊できるようになっていた。

 デスクトップPCゾーンには、Lenovoのゲーミングデスクトップ「Ideacenter Y900」と、Acerのゲーミングデスクトップ「Predator G1」および「Predator G6」が設置され、StarCraft IIの試遊が可能。また、ゲーミングノートPCゾーンには、AcerのゲーミングノートPC「Predator 15」や「Predator 17」、R.O.G.の「G752VS」を設置し、Counter-Strikeが試遊できるようになっていた。これらは、全てCPUにCore i7、GPUにGeForce GTX 980やGTX 1070など強力なスペックとなっており、どちらも快適な試遊が可能だった。

 また、その隣にはVR体験ゾーンも用意。こちらには、Intelブースにもあったアクチュエーター付きレーシングシートを利用したものや、DellのゲーミングノートPC「Alienware 15 R3」にOculus RiftとOculus Touchを接続したVR試遊コーナー、HTC Viveを利用したVR試遊コーナーが用意され、それぞれ多くの来場者の人気を集めていた。

アリーナ後方試遊スペースに置かれたいた、LenovoのゲーミングデスクトップPC「Ideacenter Y900」こちらはAcerのコンパクトゲーミングデスクトップPC「Predator G1-710」
同じくAcerのゲーミングデスクトップPC「Predator G6-GTX 980 Ti」。これらゲーミングデスクトップPCゾーンではStarCraft IIがインストールされ、試遊可能となっていたこちらはゲーミングノートPCゾーンに設置されていた、Acerの「Predator 15」
同じくAcerのゲーミングノートPC「Predator 17」ASUS R.O.G.のゲーミングノートPC「G752VS」も設置。ゲーミングノートPCにはCounter-Strikeがインストールされていた
VR試遊ゾーンには、Intelブース同様にアクチュエーター付きレーシングシートを利用したVR試遊機を用意こちらはVR試遊ゾーンに置かれていた、DellのゲーミングノートPC「Alienware 15 R3」
Alienware 15 R3には、Oculus RiftとOculus Touchを接続し、VR体験が可能となっていたHTC Viveを利用したVR試遊ゾーンもあり、多くの来場者が楽しんでいた

AcerはゲーミングPCブランド「Predator」の独自ブースを展開

 会場では、Acerもプライベートブースを構え、ゲーミングPCブランド「Predator」シリーズの製品を広くアピール。展示されていたものは、ゲーミングデスクトップPCやゲーミングノートPC、ゲーミングディスプレーなどで、その多くがすでに発売済みまたは発表済みとなっていた。そういった中で注目を集めていたのが、2016年9月のIFA 2016に合わせて発表された、21インチ湾曲液晶搭載ゲーミングノート「Predator 21X」だ。IFA 2016での発表から3ヶ月ほど経過しているが、今回もまだ参考展示で、スペックの詳細などのアップデートはなかった。それでも、その見た目のインパクトの強さから、かなり注目を集めていた。

 そしてもう1つ新モデルとして展示されていたのが、「Predator 17X」だ。こちらも、基本的にはすでに発売済みのモデルをベースとしているが、CPUに第7世代Core i7を採用するモデルとして展示されていた。第7世代Core i7の新モデルは2017年1月に発表予定となっており、そのタイミングで正式発表になるものと思われる。

AcerはゲーミングPCブランド「Predator」のプライベートブースを設置9月のIFA 2016で発表された、21インチ湾曲液晶搭載ゲーミングノートPC「Predator 21X」を展示
こちらは、ゲーミングノートPC「Predator 17X」の未発表モデル。2017年1月に発表予定の、第7世代Core i7を搭載するという

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ