このページの本文へ

年末年始に買いたい2016年のお買い得ガジェット 第1回

2万円台からのモバイルPCや4万円台の変形ノート……今冬のお買い得PCはコレで決定だ!

2016年12月20日 12時00分更新

文● 正田拓也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

新しいスタイルの使い方が満載!
4万円台から購入可能な「YOGA BOOK with Windows」

「YOGA BOOK with Windows」

「YOGA BOOK with Windows」

 せっかく買うなら新しいスタイルのPCが欲しい! というのなら、レノボの「YOGA BOOK with Windows」がおススメだ。

本体左側にはmicroUSB端子とmicroHDMI出力を装備

本体左側にはmicroUSB端子とmicroHDMI出力を装備

電源ボタンは本体右側にある

電源ボタンは本体右側にある

キーボード部はタッチパネルで、キーがLEDで浮かび上がる

 とにかく新しい点は、ノートPCでありながら、キーボードは全面タッチパネルで、物理的な出っ張りがないところ。そのため、非常に薄型で、キーボードを360度回転させてタブレット的に使う場合でも、9.6mmと非常に薄型になっている。そしてLTE搭載モデルがある。

 キーボードはフラットな形状のため、完全にできないわけではないが、タッチタイピングは無理と思ったほうがよい。

 ただ、一般的なノートPCと同じクラムシェルデザインのため、電車の中で膝の上に乗せてPCを使うということは可能だ。

ヒンジ部は高級感のあるギミックになっている

ヒンジ部は高級感のあるギミックになっている

このようなスタイルに変形させて利用できる

 また、YOGAはさまざまな変形でスタンドに立てたタブレットのようにも使える。普段は内蔵のフラットなキーボードを使い、本格的に入力作業を行なう場合は、Bluetoothで別のキーボードを使うこともできる。

ペンが付属し、キーボード部の上に付属のノートを置くことで手書き入力も可能

 LTEモデルと非LTE(Wi-Fi)モデルがあるが、基本スペックは共通。CPUにAtom x5-Z8550(1.44GHz)、4GBメモリー、 フルHD超(1920×1200ドット)の10.1型液晶を搭載。

 ストレージは64GBのフラッシュメモリーで、Windows 10で普通にに使えるスペックを持っている。

 これで最安ベースの価格はLTEモデルが5万5000円から、Wi-Fiモデルは4万8000円程度からとなっている。

 人気なのはLTE内蔵モデルで、薄型のPC単体で通信もできるということは便利のひとこと。格安SIMでも入れてばおけばランニングコストもわずかで使えるので、ぜひLTEモデルを検討してほしい。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン