このページの本文へ

HololensとWindows 10 Creators Update、クアルコムなどとの提携でWinsowsは新たな次元へ

マイクロソフト、複合現実MRなどで新たな開発機会を提供

2016年12月09日 18時03分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Microsoft HoloLens

 マイクロソフトは12月8日、複合現実(Mixed Reality)やゲーム、Cellular PC領域で新たな開発機会を提供と発表した。

 中国深圳市で開催されているWinHEC(Windows Hardware Engineering Community)イベントにおいて発表された声明。「Microsoft HoloLens」による複合現実分野の開拓、インテルやクアルコムとのパートナーシップなどにより、新たなクリエイティブ・コンテンツの開発が広がったとしている。

 とくにWindows 10の次期アップデートで3Dに対応し、アプリ開発のコンテンツ制作の敷居を下げる「Windows 10 Creators Update」の提供により、複合現実を活かした新たなPC市場が開拓されるとしている。マイクロソフトでは2017年にHoloLensを中国市場の開発者とエンドユーザーに販売できるように中国政府に働きかけているほか、中国の大手ヘッドマウント ディスプレイ メーカー3GlassesとWindows 10用の環境を整えるという。

 また、将来のWindows 10のアップデートにより、従来以上のネット接続機能を高め、モバイルPCにおいてもスマホのように常時ネット接続した Cellular PCとしての機能を備えるとしている。とくにこのCellular PCは、クアルコムとの提携によって開発されるSnapdragon搭載のWindows PCで導入されるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
注目記事ランキング
ピックアップ