このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

忘年会!クリスマス!年末年始はカメラタイム目白押し

スマホで撮って即プリント「eprie」はリア充イベントのマストアイテム

2016年12月13日 11時00分更新

文● 飯島範久 撮影●高橋智 編集●村山剛史/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

子供たちとのひとときから小物、インテリアまで大活躍

 eprieはなにも、イベントやパーティーだけのものではない。ふだんの生活でも、手軽にプリントして活用できる。100円ショップなどで購入した小物を利用して、簡単に写真を飾る方法などを紹介しよう。

●フォトシールでプリントして名刺やスマホケースに
プリントされるサイズが、ちょうど名刺サイズなので、フォトシールにプリントし、自分の写真を貼って相手に渡すとかなり印象に残るはず。また、スマホケースなどに子供や恋人の写真を貼っておくというのもいいんじゃない?

名刺よりひとまわり小さいぐらいのサイズだから、そのまま貼り付けて渡すのにピッタリ。コラージュに証明写真があるので、それを名刺に貼り付けるのもあり

スマホケースに子どものシールを貼ったり、マグネットシートを買ってそこに貼り付け、冷蔵庫などに貼るのもよし

●プリントした写真をおしゃれに飾る
ちょうどクリスマスシーズンだから、ツリーに写真を飾るというのもあり。パーティーなら参加者みんなの写真でデコレーションするのもいいかも。あとは、クリップと紐を使って壁に写真を吊るすのもインテリアとしてオススメ。

ツリーに子どもたちの写真を飾ると、かなり喜ばれる。100円ショップでラッピングタイを購入して使用

クリップや洗濯バサミなどを利用して、写真をはさみ、それらを紐で吊るして壁に飾るとおしゃれなインテリアに変身

●子どもに顔写真シールを即プレゼント
お友だちと公園で遊んでいたり、幼稚園や学校のイベント時に持ち込んで、撮影したものを即出力。フォトシールでプリントすると、どこにでも貼れるので、子供たちは大喜び。

シールもかなり喜ばれる。外出先でも印刷できるのは大変重宝する

ふだんなかなか写真を渡せない先生といっしょのショットは、eprieさまさま。予備のカートリッジもいっしょに持ち歩かないとすぐなくなる

いつでもどこでも即プリントできる魅力は、さまざまな分野で大活躍

 1回の充電で15枚から20枚のプリントが可能だが、パーティーやイベントでは別途予備のカートリッジとともに、モバイルバッテリーも用意しておいたほうが吉。準備万端で臨んだほうがいい。

 最近は、スマホの画面だけで満足している場合が多いけれど、紙焼きの魅力は人とのコミュニケーションも加速させてくれるはず。また、ふだんの生活でも、たとえば箱の中身を撮影して、その写真をプリントし箱に貼っておけば、中身がすぐに分かるといった活用もできる。オールマイティーに使えるモバイルプリンターeprieを、この冬買って大いに活用しよう。

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ