このページの本文へ

忘年会!クリスマス!年末年始はカメラタイム目白押し

スマホで撮って即プリント「eprie」はリア充イベントのマストアイテム

2016年12月13日 11時00分更新

文● 飯島範久 撮影●高橋智 編集●村山剛史/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

クリスマスや忘年会、リア充イベントでやりたい遊び方

 さまざまなシーンで活躍するeprieを実際に使ってみた。まずは、この年末年始のイベントで活用できるプリント技を紹介。

●ごく基本的なエレコムのアプリで加工してプリント
撮った写真をそのままプリントしてもおもしろくない。専用アプリの加工機能を使って、スタンプやメッセージを書き込んでプリントしよう。

フィルターをかけたり、手書きのメッセージを入れたりして、その場のノリでいろいろ描き加えちゃおう

名刺やクリスマスカードといったテンプレートも。少人数に配る場合は、これを利用するといいかも

●スナチャやスノー、eggといった顔認証加工アプリで撮影したあとプリント
芸能人も活用している顔認証加工アプリで、動画を撮影したり、写真を撮ったりして、それをプリントするのもいい。撮影時に盛り上がれる上に、プリントされた写真でまたもうひと盛り上がり間違いなし!?

eggを使って加工。これ、女性に限らず男性が使ってもなかなかおもしろい写真ができるので、パーティーや忘年会にはもってこい

子どもとのクリスマスパーティーで記念写真にも活用。かなり子ども受けがいい

●プリントアウトした写真にメッセージを書き込んでまた撮影、SNSへ
一度アナログ変換したものをまたデジタルへ。海外のセレブがやっているとか。プリントした写真に手書きのメッセージを添えて写真を撮り、アップするといいかも。

プリントした写真にメッセージ。こういうのは送別会とかにも向いている。それをスマホで撮影して、SNSへ投稿。思い出はみんなで共有するのがいちばん

カテゴリートップへ