このページの本文へ

ここでしか読めないネタの「連載」「特集」が満載!ASCII倶楽部情報局第60回

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典 第9回

ASUSが日本の格安スマホブームに乗る前に出したニッチ製品たち

2016年12月02日 11時00分更新

文● ちゅーやん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 どうも。ちゅーやんです。
 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。有料の会員サービスですが、現在3日間無料キャンペーンを実施中です! 詳細は記事末尾をご確認ください。

 本日は、ASCII倶楽部で9月4日に公開した「ASUSが日本の格安スマホブームに乗る前に出したニッチ製品たち」を紹介します。


 日本でも多くの人に知られているSIMフリースマートフォンの「ZenFone」。カメラ特化型や大容量バッテリー搭載モデルなど多数のバリエーションを誇る同シリーズですが、その登場までの道はひと筋縄ではいかないものでした。

 PCメーカーならではのスマートフォン開発の道のりをたどっていきましょう。

ネットブックの影に隠れたASUSのWindows Mobile機

 1990年代からPC用のマザーボードを送り続け、その後ノートPCを始めとするさまざまなPC製品メーカーへと成長したASUS。同社がスマートフォンに参入したのは2006年のことでした。

 その前年に同社初となる携帯電話を発表し、翌年はストレートタイプから折りたたみ型まで複数の製品を展開しました。

 一方、高機能端末として発表されたのがOSにWindows Mobileを採用した「P505」でした。ディスプレーは2.8型で、フリップ式の10キーを備えており、フリップを閉じれば携帯電話のようにも使える製品でした。通信方式はまだ2G(GSM)のみで、高速な通信を行なうにはWi-Fiを必要とした製品でした。

 2007年にはBlackBerryスタイルでQWERTYキーボードを備えた「M530w」を発売しましたが、このころのASUSのスマートフォンは10キーを搭載した製品が多く、片手で持てる携帯電話スタイルで利用できる製品にラインアップが偏っていました。

 これは当時Windows Phoneスマートフォンの最大手だったHTCの製品と差別化するために、携帯電話としても使えることを製品の特長としていたのかもしれません。

Windows Mobile機を数多く出していたASUS。BlackBerryスタイルのモデルも。

 しかし、当時のスマートフォン市場はSymbian OSが圧倒的に強く、Windows MobileとBlackBerryのシェアは半分以下。

 Windws Mobile搭載スマートフォンは、OutlookやOfficeアプリとの連携もできましたが、ハードウェアスペックからすると快適に使えるという状況ではなく、むしろ、小型のノートPCを持ち運んだほうが、仕事ははかどったかもしれません。

 Windws MobileはPCメーカー各社から製品が次々に登場しましたが、ビジネス用途以外にはなかなか広がりを見せず、Symbianの牙城を崩すまでには至らなかったのです。

 また、Windows Mobile製品の中でも、毎月のように新製品を投入するHTCの勢いの前に、PCメーカー各社は存在感をなかなか高めることはできませんでした。

 そうこうしているうちに2007年秋にiPhoneが登場。スマートフォン市場のパワーバランスが一気に変わっていきます。


 続きは「ASUSが日本の格安スマホブームに乗る前に出したニッチ製品たち」でお楽しみください。また、こちらの記事の続きとなる「ZenFone大量投入で格安スマホの波にのったASUSの次なる課題」もあわせてどうぞ!

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定。いまならASCII倶楽部3日間無料お試しキャンペーンを実施中! 詳細は下記をご覧くださいませ。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が毎日更新されております!

3日間無料トライアルキャンペーン実施中!

 アスキーの会員サービス(月額1080円)「ASCII倶楽部」では、週刊アスキー 電子版の最新号から過去3年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

 加えて、ASCII倶楽部では会員の方だけが読める連載・特集記事やニコ生のアーカイブ、さらにはイベント(!)も楽しめちゃいます。

 そんな月額サービスのASCII倶楽部はただいま3日間無料トライアルキャンペーンを実施中。トライアルキャンペーンでは、ASCII倶楽部のすべてのコンテンツを利用できるので、期間内であれば週アスも読み放題!

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額1000円+税(税込1080円)
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●以下のクレジットカードによるお支払いとなります。
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explor 11※Edgeは除く , Google Chrome , Firefox
(Mac)Safari
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

この連載の記事

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1253(2019年10月22日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキー No.1252(2019年10月15日発行)

  • 週刊アスキー No.1251(2019年10月8日発行)

  • 週刊アスキー No.1250(2019年10月1日発行)

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2019October

  • 週刊アスキー No.1249(2019年9月24日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事