このページの本文へ

解決方法を教えます! LINE駆け込み寺第55回

Dropboxとの連携で簡単に送付可能!

スマホ版LINEでWord、PDFなどのファイルを送る方法

2016年11月29日 09時00分更新

文● 高橋暁子 編集●村山剛史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「LINEを始めたいけど、今さら人には聞けないよ……」というアナタ!
SNSの最新情報と若者動向を追い続けるITジャーナリスト 高橋暁子さんが、LINEの上手な使い方を基礎からやさしく伝授します。〈連載目次

Q:スマホ版LINEで、画像・動画以外を送る方法はある?
A:Dropboxを使えば可能です!

 LINEでは、メッセージのほか、画像・動画が送れるので便利だ。さらにPC版LINEでは、WordやExcel、PowerPoint、PDFやZIPなどビジネスシーンで利用されるファイルも送れる。一方、スマホ版LINEでは残念ながらできない。

 しかし、裏技を使えばスマホ版LINEでも可能になるのだ。今回は、スマホ版LINEにおける画像や動画以外のファイルの送り方をご紹介したい。

Dropboxを活用して送信しよう

 裏技のためには、ファイル共有サービスとして名高い「Dropbox」が必要となる。用意するDropboxは無料版で問題ない。まず、Dropboxに送りたいファイルをアップロードしよう。アップロードはパソコンからなど好きな方法でOKだ。

 次に、スマホからDropbox内の送りたいファイルを開こう。ファイル右上の点線マークをタップし、「エクスポート」を選択→「LINE」をタップ。

 するとLINEで送れる画面になる。「送信先」をタップで相手を選び、左側の欄には本文を入力しよう。右上の「送信」をタップすると送信完了だ。相手は通知をタップすればファイルを見られる。

1. ファイル右上の点線マークをタップし、エクスポートを選択しよう2. LINEをタップしよう
3. 「送信先」で相手を選び、左側の欄に本文を入力した後、右上の「送信」をタップ4. 送信したところ。相手は通知をタップすればファイルを見ることができる

■関連サイト

著者紹介:高橋暁子

 ITジャーナリスト、コンサルタント。書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、企業などのコンサルタント、講演、セミナーなどを手がける。小学校教員、編集者を経て現在に至る。
 最新刊『Twitter広告運用ガイド』(翔泳社)の他、『ソーシャルメディアを武器にするための10カ条』(マイナビ新書)、『Facebook×Twitterで儲かる会社に変わる本』(日本実業出版社)、『ネット業界 儲けのカラクリ』(中経出版)など著作多数。http://akiakatsuki.com/ Twitterアカウントは@akiakatsuki

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン