このページの本文へ

CORSAIR「Crystal 460X」

フロントとサイドが強化ガラスのCORSAIR製ケース「Crystal 460X」

2016年11月22日 23時43分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CORSAIRから、フロントとサイドに強化ガラスパネルを採用するミドルタワーPCケース「Crystal 460X」(型番:CC-9011099-WW)が発売された。

フロントとサイドに強化ガラスパネルを採用するミドルタワーPCケース「Crystal 460X」

 登場したのは、フロントに140mmサイズのレッドLEDファンを1基搭載する「Crystal 460X」。このほか単体でも販売されているSP120 RGBファンを3基標準搭載した「460X RGB」もラインナップするが、こちらは12月発売予定となっている。

 特徴となるのはサイドだけではなくフロントにも装備する強化ガラスパネル。フロントに搭載したLEDファンによりきれいにドレスアップできる。

電源ユニットエリアをボトムに設けた熱源分離構造となるほか、ケースフロントからリアまでエアフローの障害となるものを排除した“Direct Airflow Path”を採用する

 内部は、電源ユニットエリアをボトムに設けた熱源分離構造となるほか、ケースフロントからリアまでエアフローの障害となるものを排除した“Direct Airflow Path”を採用。ベイ数は、2.5/3.5インチシャドウ×2、2.5インチシャドウ×3で背面拡張スロットは7段。

 冷却ファンは前述の通りフロント140mm×1を標準装備するほか、120mm×3または140mm×2を増設可能。そのほか、トップは120/140mm×2、リア120mm×1(標準)で、水冷用ラジエーターはフロントが360mm、トップが240mm、リアが120mmサイズまで対応する。

ケーストップ、フロントパネル内側とボトム裏面にフィルターを搭載。マグネットを採用することで簡単に取り付け、取り外しが可能だ

 なお、ビデオカードは370mm、CPUクーラーは全高170mm、電源ユニットは200mmまで搭載可能。サイズは220(W)×440(D)×464(H)mm。価格は1万8500円(税抜)。パソコンショップアークやドスパラ パーツ館、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中