このページの本文へ

解決方法を教えます! LINE駆け込み寺第53回

一日5件まで最大3分間無料で話せる

固定電話宛でも無料で通話! LINE Outの使い方をチェック

2016年11月22日 09時00分更新

文● 高橋暁子 編集●村山剛史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「LINEを始めたいけど、今さら人には聞けないよ……」というアナタ!
SNSの最新情報と若者動向を追い続けるITジャーナリスト 高橋暁子さんが、LINEの上手な使い方を基礎からやさしく伝授します。〈連載目次

Q:電話料金を安くしたい。店舗への電話も無料にできる?
A:LINE Outを使えば可能です!

 LINEの無料通話機能を使っているという人は多いだろう。しかし、LINEを使っているユーザーにしか通話することができず、不便な面も。そこで、LINE Outの出番だ。

 LINE Outを使うには新たに他のアプリをダウンロードする必要はなく、LINEアプリがあればOK。LINEアプリを開き、その他→「設定」→「LINE Out」をタップ。「LINE Out」の告知画面が出るので、「利用開始」をタップ。「友だちのLINEプロフィールからLINE Outで発信」をオンにしよう。

1. その他→「設定」2. 「LINE Out」をタップ
3. 「利用開始」をタップ4. 「友だちのLINEプロフィールからLINE Outで発信」をオン

 今後LINE Outを使うためには、ホーム画面にショートカットを追加すると使いやすくなる。下部の「ホーム画面に追加」をタップすると、「ホーム画面にショートカットを追加しますか?」と表示されるので「OK」をタップ。下部右から3つ目のアイコン→「ホーム画面に追加」の順にタップしよう。名称を入力するとホームにショートカットが追加できる。

1. 「ホーム画面に追加」をタップ2. 「OK」をタップ
3. 下部右から3つ目のマークをタップ4. 「ホーム画面に追加」をタップ
5. 名称を入力しよう6. ホームにショートカットを追加できた

LINE Outで無料通話をしてみよう

 LINE Outのショートカットをタップすると、LINEで開かれる。上部友だちアイコンをタップすると、LINEの友だち一覧が表示される。右側の通話マークに「LINE Out」と表示されている相手とは、LINE Outで通話が可能だ。

ショートカットをタップするとLINEで開かれる通話マークに「LINE Out」と表示されている相手とはLINE Outで通話が可能

 左上のアイコンをタップすると、電話番号でもLINE Outで通話が可能だ。通話したい電話番号を入力しよう。広告を見て無料通話するか、有料通話にするか表示されるので、「広告を見て無料通話」をタップ。SMSで自分の電話番号宛に認証番号が送られるので、その番号を入力しよう。

 広告を閲覧後、矢印アイコンをタップすると無料通話開始だ。一日5件まで最大3分間無料で話せる。

1. 左上のアイコンをタップし、通話したい電話番号を入力しよう2. 「広告を見て無料通話」をタップ
3. 認証番号を入力しよう4. LINE Outで通話できるようになった
5. 広告を閲覧後、矢印アイコンをタップすると無料通話開始

 店舗などへの電話も無料でかけられる。LINEアプリの下部にある友だちアイコン→検索欄の順にタップすると、周辺のお店や友だち、メッセージが検索できるようになる。店舗名などで検索すると、「無料」と表示されている店舗にはLINE Outで無料通話できるので利用しよう。

友だちアイコン→検索欄の順にタップ「無料」と表示されている店舗には、LINE Outで無料通話できる

 LINE Outの注意点としては、「友だち追加」をオンにする必要がある点だ。その他→「設定」→「友だち」→「友だち追加」をオンにしておこう。ただし、オンにしているとアドレス帳の連絡先に登録してある相手と自動的にLINEで友だちになってしまう点には注意が必要だ。

■関連サイト

著者紹介:高橋暁子

 ITジャーナリスト、コンサルタント。書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、企業などのコンサルタント、講演、セミナーなどを手がける。小学校教員、編集者を経て現在に至る。
 最新刊『Twitter広告運用ガイド』(翔泳社)の他、『ソーシャルメディアを武器にするための10カ条』(マイナビ新書)、『Facebook×Twitterで儲かる会社に変わる本』(日本実業出版社)、『ネット業界 儲けのカラクリ』(中経出版)など著作多数。http://akiakatsuki.com/ Twitterアカウントは@akiakatsuki

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン