このページの本文へ

ショートカット追加で細かな操作性もアップ

Firefox 50がリリース。プラグインレスの動画再生など

2016年11月16日 18時00分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Mozillaは11月16日、Firefoxの最新バージョン「Firefox 50」をリリースした。プラグインなしでの動画再生、実行可能なファイルの増加など、細かな使い勝手の向上を複数図ったバージョン。新機能と前バージョンからの変更点は以下の通り。

  • 新機能:WindowsとMacでidevineのWebM EMEがサポートされたため、より多くのサイトでプラグインなしで動画閲覧できるように
  • 新機能:SDKを利用している拡張、もしくはSDK モジュールローダーを利用している拡張のパフォーマンスが向上
  • 新機能:ダウンロード保護の対象となる、Windows、Mac、Linux で実行可能なファイルの種類が大きく増えた
  • 新機能:Windows 7以降の利用者のうち、 98%以上の環境でWebGLが利用できるように
  • 新機能:グララニー語 [gn] をロケールに追加
  • 新機能:ページ内検索に、完全一致のもののみ検索する機能が追加
  • 新機能:Ctrl-Tabで、最近閲覧した順にタブを切り替えられるような設定を追加
  • 新機能:Ctrl+Alt+R(Mac では command+alt+r)でリーダーモードでページを閲覧できるように
  • 修正:いくつかのセキュリティー問題を修正
  • 修正:border-radius を用いて作成された、角丸の点線と破線の描画に関する不具合を修正
  • 変更:54.35.1以前のlibavcodcをブロックするように
  • 変更:組み込みの絵文字を追加。これはWindows 8.0 以前やLinuxのような、絵文字フォントのない環境で利用される

 Firefoxはダウンロードサイトより無料でダウンロードできる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン