このページの本文へ

ホテルWi-Fiに入るときにログインするのも手軽

WebAssemblyに対応した最新版「Firefox 52」がリリース

2017年03月09日 09時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Firefox 52

 Mozilla Japanは3月8日、ブラウザ「Firefox」の最新版「Firefox 52」をリリースした。

 今回のバージョンアップにおける大きな改良点としては、WebAssemblyに世界で初めて対応して3DゲームやCAD、画像や動画の編集といったアプリを高速化することが可能となる。また、ホテルなどのWi-Fi利用時にはログインが求められるCaptive Portalを自動探知する。

 このほか、前回から導入したアドレスバーにおける警告メッセージに加えて、HTTPS通信で暗号化されていないページでのIDやパスワード入力時に警告が表示される機能が追加されている。Windows、Mac、Linux版のほかAndroidで利用可能。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン