このページの本文へ

ScanSnapで取り込んだ請求書やレシートを電子帳簿保存法に対応した保管へ

ScanSnapが「TKC証憑ストレージサービス」に対応

2017年04月04日 15時53分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
サービスイメージ

 PFUは4月4日、ドキュメントスキャナScanSnapのクラウドサービスScanSnap Cloudを「TKC証憑ストレージサービス」に連携する機能を公開した。

 「TKC証憑ストレージサービス」はTKCが提供する証憑イメージデータ管理サービスで、電子帳簿保存法に対応、証憑(請求書/領収書/レシートなど)を電子化した画像データをTKCのデータセンターに保存してクラウドでの会計サービスに利用できる。

 利用できるScanSnapは「ScanSnap iXシリーズ」で、スキャンと同時にタイムスタンプを付与し、電子帳簿保存法で認められた電子化したデータ保存となる。また、金額/日付/取引先の情報が自動認識されて文字データとして入力されるため、仕訳入力を省力化できる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ