このページの本文へ

コンサルティングの無償提供や利用料の一部負担など

クラスメソッド、Amazon WorkSpacesの導入支援プログラム開始

2016年10月21日 07時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月20日、クラスメソッドはAWSユーザーのための総合支援サービス「クラスメソッドメンバーズ」の契約企業向けに「Amazon WorkSpaces」の導入検証支援を行なうプログラム「WorkSpaces Try!」を開始する。

 Amazon WorkSpacesはAWSが提供するフルマネージド型の仮想デスクトップコンピューティングサービス。PCやタブレットなどさまざまなデバイスから、クラウドベースのデスクトップを簡単にプロビジョニングできる。また、社内のActive Directoryとシームレスに統合し、利用者とその権限を社内コンピュータと同じように管理することが可能になっている。

 今回クラスメソッドが提供するWorkSpaces Try!は、オンプレミスで稼働している仮想デスクトップ基盤や物理コンピューターを、Amazon WorkSpacesへの移行を促進するプログラム。Amazon WorkSpacesの導入・移行の実績があるクラスメソッドのノウハウを利用し、費用負担を極小化して、Amazon WorkSpacesを使い始めることができるという。

 プログラム適用対象は、これからAmazon WorkSpacesの導入を検討しているメンバーズ契約企業、または新たにメンバーズを契約いただける企業。対象社数は先着10社で、Amazon WorkSpacesに関するコンサルティングの無償提供(オンラインによって最大20時間の支援)や、Amazon WorkSpacesの利用費用一部負担(2ヶ月間、$1000/月をクラスメソッドが負担)などが提供される。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ