このページの本文へ

両社で業務提携し、3月に提供開始の予定

クラスメソッド、AWSサービスに東京海上日動の保険をセット

2016年02月22日 06時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月19日、クラスメソッドは東京海上日動火災保険(以下、東京海上日動)との業務提携を発表し、AWSユーザー向けの専用保険を融合した新サービスを提供する。

新サービスの概要

 クラスメソッドは、クラウドを活用したシステムの設計や活用方法について、情報発信やコンサルティング活動を行ない、多くの実績を残しているAWSのプレミアコンサルティングパートナー。東京海上日動は2016年1月からAWSのユーザー向けにサイバーリスク保険をカスタマイズした専用商品を販売している。今回の業務提携では、クラスメソッドが提供しているAWSユーザー向けのサービス「メンバーズ」と、東京海上日動のAWSユーザー向けの専用保険を融合した新規サービスを開始することで合意した。

 新サービスではすべてのサービスに標準で保険がセットされるため、加入者による保険加入手続きが省略される。またAWSユーザー向け専用保険は、損害賠償責任に対する補償や損害発生時にかかる各種費用に対する補償、情報漏えいにかかる各種費用に対する補償などに対応。これまで以上に加入者が安心してAWSをご利用いただけるサービスを実現できるという。2016年3月に提供開始の予定。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ