このページの本文へ

iPhone 7&iOS 10、ASCII総力特集!

トリプルクリックですぐ起動

iPhone 7/iOS 10を拡大鏡として使う方法

2016年10月10日 17時00分更新

文● 貝塚/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iPhoneを便利な拡大鏡に!

 iPhone 7/iOS 10を拡大鏡として使う方法を解説します。設定アプリから、一般、アクセシビリティと進みます。上の方に「拡大鏡」というメニューがあるのが確認できると思います。

 これをオンにして、いったんホーム画面へ戻ってみましょう。

 ホームボタンをトリプルクリックします。筆者の場合、アクセシビリティからズーム機能を設定していたため、どちらを適用するかのポップアップが出現しましたが、特に何も設定していなければ、そのまま拡大鏡が立ち上がります。

フォーカスのロックやライトの併用も

 これが拡大鏡の画面。基本的にはカメラをズームしたものなのですが、はじめから拡大された状態で立ち上がります。iPhoneのカメラなので、画質は拡大しているにしてはかなり鮮明な印象。

 バーを左右にスライドさせることで、望遠/広角側に画角を切り替えます。また、鍵マークでフォーカスをロックしたままさらに寄るといった使い方も可能。ライトの点灯、フィルターの適用にも対応しています。

 小さくて文字が見えにくいときなど、かなり便利に使えそう。ライトと併用すれば、夜の読書時などにも重宝しますね。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中