このページの本文へ

当時の再現性を高めるためにブラックハーフを採用

日立マクセル、カセットテープ「UD」復刻版を限定販売!

2016年10月06日 13時44分更新

文● 田沢

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日立マクセルは11月25日より、カセットテープ「UD」のデザインを復刻した製品を数量限定で発売する。

 マクセルは1966年に国内で初めてカセットテープを製品化し、今年でカセットテープ発売50周年を迎えた。今回、50周年を記念して1970年代の人気モデル UD シリーズのデザインを復刻した製品を発売することとなった。

 UD デザイン復刻版は、当時の製品の再現性を高めるためにブラックハーフを採用。テープは同社のカセットテープ「UR」グレード相当。製品のラインアップと価格は以下の通りだ。

  • UD C10(10分、1巻)313円
  • UD C46(46分、1巻)367円
  • UD C60(60分、1巻)421円
  • UD C90(90分、1巻)475円

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン