このページの本文へ

コントロールボックスなしの軽量

日立マクセル、防滴仕様のBluetooth対応ワイヤレスカナル型ヘッドフォン発売

2016年09月07日 15時47分更新

文● 山口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日立マクセルは9月7日、スマホや音楽プレーヤーなどの音楽をワイヤレス接続で楽しめる、軽量、防滴仕様のBluetooth対応のワイヤレスカナル型ヘッドフォン「MXH-BTS500」を発表した。発売は9月10日。価格はオープン。

 MXH-BTS500は、電池やBluetoothモジュールをハウジング内に集約しコントロールボックスを無くすことで重量およそ14gと軽量化をはかり、快適な装着スタイルを実現したという。また、IPX4対応の防滴仕様のため、通勤、通学だけでなくスポーツなどシーンを選ばずにワイヤレス接続で気軽に音楽再生が楽しめるとのこと。スマホや携帯電話でのハンズフリー通話ができるマイクも付いている。

 また、2台の電話を同時に待ち受け状態にすることで、どちらの電話が着信しても受け取ることができ、さらにハンズフリー通話を可能にする「マルチポイント2台」に対応する。

 主な仕様は、電源が内蔵リチウムイオン電池、連続再生時間は最大およそ4.5時間、充電時間はおよそ1.5時間。カラーはブラック/ホワイトの2種類。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン