このページの本文へ

カセットデッキとしての基本性能とデジタル オーディオ時代にマッチしたインターフェースを搭載

ティアック、カセットテープの魅力を改めて堪能できるダブルカセットデッキ「W-1200」

2018年03月14日 17時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「W-1200」

 ティアックは3月14日、USBデジタル出力も備えるダブルカセットデッキ「W-1200」を発表。3月下旬に発売する。

 ワンウェイカセットメカを2基搭載、マイクミキシング機能やUSBデジタル出力を備える。再生時にテープヒスノイズを低減するノイズリダクションシステム(Dolby B NR 相当)、テープタイプの自動検出やテープのダビング機能、2本のテープに同時録音する機能なども装備。

レベルメーター付きFLディスプレー

 入出力端子は、USBデジタル出力、RCAアナログライン入出力、6.3mmステレオ標準ヘッドフォン出力。本体サイズはおよそ幅435×奥行き285.8×高さ145mm、重量およそ4.1kg。価格はオープンプライス。

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中