このページの本文へ

解決方法を教えます! LINE駆け込み寺第42回

じつはセキュリティー向上の印なのです!

LINEトーク画面の鍵マークは何者? Twitterの鍵垢と同じ意味?

2016年10月15日 10時00分更新

文● 高橋暁子 編集●村山剛史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「LINEを始めたいけど、今さら人には聞けないよ……」というアナタ!
SNSの最新情報と若者動向を追い続けるITジャーナリスト 高橋暁子さんが、LINEの上手な使い方を基礎からやさしく伝授します。〈連載目次

Q:トーク画面の鍵マークって何?
A:セキュリティー機能が働いている証です!

 2016年8月末より、LINEのトーク・通話画面に鍵マーク(ロックアイコン)が表示されるようになったことに気づいただろうか。しかもよく見ていくと、このロックアイコンには表示されるものとされないものがある。鍵というとTwitterの鍵アカウントが思い浮かぶが、LINEのロックアイコンは一体何を意味していて、なぜ付くのだろうか?

鍵マークありのトーク画面鍵マークなしのトーク画面

ロックアイコン=レターシーリングで保護中

 ロックアイコンは、「Letter Sealing(レターシーリング)」と暗号化技術でトークが保護されていることを意味する。レターシーリングを使うと、ユーザー間の通信内容は暗号化され、送信者と受信者以外には内容が解読できないようになるのだ。Twitterのアカウントに鍵をかけたもの、通称「鍵垢」は、“フォロワー以外にはトークを非公開にする”という意味であり、まったく違うものなので注意してほしい。

 レターシーリング機能は2015年末頃よりすでに一対一、無料通話、グループトークに導入されていたものの、友だち同士でお互いに有効にしていないと機能していなかった。それが今回のアップデートによって、デフォルトで有効化され、同時に鍵マークも表示されるようになったというわけだ。

レターシーリング設定は手動で切り替えられるが……

 では、なぜトークによって、ロックアイコンが付いているものといないものがあるのだろうか。じつは、アップデートによってデフォルトでオンになったものの、やはりトークに参加する全ユーザーがレターシーリング機能をオンにしていないと有効にならないのだ。

 鍵マークが付いていない=レターシーリング機能が有効になっていないということであり、そのトークは通常のセキュリティーの範囲内でしか保護されないわけだ。

 前述の通り、レターシーリング機能はデフォルトでは全ユーザーがオンとなっているが、設定を変更することもできる。その他→設定→「トーク・通話」→「Letter Sealing」をオンオフで切り替えられる。とはいえ、わざわざ自らセキュリティーを落とす必要はないので、極力オンにしておきたい。

その他→設定→「トーク・通話」をタップ「Letter Sealing」をオンオフで切り替えられる

■関連サイト

著者紹介:高橋暁子

 ITジャーナリスト、コンサルタント。書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、企業などのコンサルタント、講演、セミナーなどを手がける。小学校教員、編集者を経て現在に至る。
 最新刊『Twitter広告運用ガイド』(翔泳社)の他、『ソーシャルメディアを武器にするための10カ条』(マイナビ新書)、『Facebook×Twitterで儲かる会社に変わる本』(日本実業出版社)、『ネット業界 儲けのカラクリ』(中経出版)など著作多数。http://akiakatsuki.com/ Twitterアカウントは@akiakatsuki

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン