このページの本文へ

設定などメニューが日本語化

シャープ、プログラマブル/関数電卓「ピタゴラス」新製品を発表

2016年09月28日 17時25分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
左より「EL-5160T」、「EL-520T」、「EL-509T」(レッドモデル)

 シャープは9月28日、プログラマブル関数電卓/関数電卓「ピタゴラス」シリーズに新モデル「EL-5160T」、「EL-520T」、「EL-509T」を発表。10月21日に発売する。

 プログラマブル関数電卓「EL-5160T」と、関数電卓「EL-520T」、「EL-509T」の3機種で、EL-509Tにはホワイト/ブルー/レッドのカラーバリエーションも用意。主な新機能として、これまで英語表示であったモード切り替えや設定画面を日本語化し、各種機能や項目がわかりやすくなったほか、液晶表示部にアクリルパネルを採用、見やすく堅牢性能が向上した。

日本語化に加えていくつか機能追加され、ハードシェルカバーにはスマホで読み込めば取り扱い説明書をダウンロードできるQRコードも印刷

 計算機能では、従来から搭載している統計計算や微分・積分計算に加え、「四分位数」、「商・余り計算」、「素因数分解」、「整数化計算」などの役立つ機能も新たに搭載し、大幅な機能強化を図った。表示はいずれも96×32ドット、サイズは約幅80×奥行き166×厚み15mm、重量106g。アルカリボタン電池(LR44)×1で約3000時間動作する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン