このページの本文へ

パッシブ・ラジエーター構造とフルレンジドライバーを搭載

3000円のスタイリッシュなBluetoothスピーカー「Wireless Soundbar」

2016年09月20日 18時47分更新

文● 田沢

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 inMusic Japanは9月20日、BluetoothスピーカーION AUDIO「Wireless Soundbar」を発表した。発売日は11月、販売予想価格は3000円。

 パッシブ・ラジエーター構造とフルレンジドライバーを搭載し、豊かな低音再生のステレオサウンドを実現したという。

Bluetoothレコードプレーヤー「Air LP」、「Air LP WD」とのデザインや操作性の相性も良い

 音量や電源、Bluetoothのコントロールする大型ノブを中央に設置。外周のLEDインジケーターでBluetoothの状態を表示する。Bluetooth非対応のデバイスを再生するための外部入力端子にも対応している。

 サイズはおよそ幅417×奥行き68×高さ72mmで、重量はおよそ674g。出力は20W(ピーク)で、ドライバーはフルレンジドライバー×2。Bluetoothバージョンは3.0で、Bluetooth到達距離はおよそ9.1m。電源はACアダプター(9V DC、2A)。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン